« プジョー504 | トップページ | 街角の車 : サバンナRX-7 (FC3S) »

2010年1月10日 (日)

MG ARNOLT TD2

MG TDのシャーシーに、ベルトーネがボディを載せて1952年のトリノショーで公開。製造された台数は、クーペ67台、カブリオレ33台の100台といわれている。

Img_5814 日本にクーペ、カブリオレが各々一台あるという。  

Img_5813   

Img_5816

|

« プジョー504 | トップページ | 街角の車 : サバンナRX-7 (FC3S) »

コメント

TDがベースと判らない程モダンですね。
誣いて言えば後寄りのキャビンが辛うじて時代を感じさせる位。
スタイリッシュです。

投稿: 職人 | 2010年1月10日 (日) 01時22分

このクルマがArnolt Bristolにつながるんですね.

アーノルト・ブリストル
http://www.ultimatecarpage.com/car/741/Arnolt--Bristol-Deluxe-Roadster.html
アーノルトはMGに200台のシャシーをオーダーしたのにMGは100台しかよこさなかった.しかたなく別のシャシーを探したとあります.

投稿: akira isida | 2010年1月10日 (日) 10時37分

どうしてもスカリオーネのデザインとは思えずに,いろいろ探してしまいました.

http://en.wikipedia.org/wiki/Arnolt
によると,MGアーノルトのデザインはジョバンニ・ベルトーネとヌッチオ・ベルトーネ親子にジョバンニ・ミケロッティと書かれています.

ルーフラインは確かにヌッチオ好みのアルファぽい形のように感じます.

なぜミケロッティが加わっているのかは分かりませんが,サイドビューを見ると彼がその後手がけたスカイライン・スポーツやTR4との近似性があるように思います.

まあ当時はそれだけ人の交流があったと言うことなんでしょうか.

投稿: akira isida | 2010年1月10日 (日) 14時57分

職人さん

ベースがTDとは想像つかないデザインですよね。さすがです。

投稿: イノウエ | 2010年1月10日 (日) 15時38分

isida さん

貴重な情報、ありがとうございます。

おっしゃる通り、スカイライン・スポーツ、TR4に通じるものがありますね。

時代がモノコックボディとなって、ベルトーネの仕事が減って、TDのシャーシーを使ってスカリオーネの協力を得て製作と私の持っている資料には書かれていました。
デザインをみるとミケロッティですね。

コッパ ディ 東京で見たとき、なんという車が分からず、TDがベースと聞いて驚いた次第です。

投稿: イノウエ | 2010年1月10日 (日) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/47246919

この記事へのトラックバック一覧です: MG ARNOLT TD2:

« プジョー504 | トップページ | 街角の車 : サバンナRX-7 (FC3S) »