« 東京オートサロン : トヨタGRMN FR Hot hatch Concept | トップページ | 東京オートサロン : EPSON NSX 1/1 ペーパークラフト »

2010年1月17日 (日)

1995年1月17日 阪神・淡路大震災 (2)

Scn_0003このビルの中でも作業をした。水平面がないので平衡感覚がおかしい。遊園地のビックリハウスの中にいるのと同じだった。 

  

  

 

 

決して忘れることは出来ない暖かい言葉「東京から復興に来たひと、最終の新幹線乗せてやって」。

震災から一ヶ月後の2月17日金曜日、薄暗くなりかけた三ノ宮でバスを待つ列に並んで30分位過ぎたころ、新幹線の時刻表を見ながら、最終の新幹線、もしかすると夜行寝台も無理だなと。とにかく大阪まで出て泊まるところ探そう、と思っていたときだった。隣の被災者の方から大きな声が飛んだ。すると回りの方から「急いで、急いで」、「絶対に乗れよ」と声がかり、とにかく数えられないぐらいのバスを待っている大勢の方々の暖かい言葉に甘えて、前に前に進んだ。皆さん、一分でも早く帰りたいと思っているだろうに・・「すみません、ありがとうございます」と声を掛けながらバスに飛び乗った。その後、バスを降り阪神電車、大阪・地下鉄を乗り換え、走れるところはとにかく走った。大きなカバンには一週間分の衣類、ノートパソコン、一眼レフカメラ・・を抱きかかえて。

新大阪駅の改札、「最終に乗るんです、キップはカバンの中です」と叫び切符を見せられないまま走り抜けた。エスカレーターを駆け上り新幹線に飛び乗ったらドアが閉まった。

神戸に復興支援にいったのに、逆に被災者の方々の暖かい言葉、行動に助けられました。

15年前は大変お世話になりました。ありがとうございます。タイムアップ寸前で東京に帰ることが出来ました。

昨年の「1995年1月17日 阪神・淡路大震災」 ↓↓ 

http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2009/01/post-742c.html

|

« 東京オートサロン : トヨタGRMN FR Hot hatch Concept | トップページ | 東京オートサロン : EPSON NSX 1/1 ペーパークラフト »

コメント

毎年、1月17日が来ると、心が沈みます。当時、豊中に住んでいました。一応、被災者ですが、震源地から遠いこともあり、被害は最小でした。ど~んと体が落ちる感覚は今でも体が記憶しています。
隣の神戸では大惨事になっているのに、復興支援まで気持ちが回りませんでした。

本当にありがとうございました。

ハイチへも飛んで行きたいのでは?

投稿: masa117 | 2010年1月19日 (火) 20時18分

masa117 さん

まさか神戸と地震とは思いもよらなかったです。
冷静に考えれば、藍那あたりの六甲山系の地層のしゅう曲は凄い曲がりなので、地震があっても不思議じゃなかったのです。

投稿: イノウエ | 2010年1月19日 (火) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/47313420

この記事へのトラックバック一覧です: 1995年1月17日 阪神・淡路大震災 (2):

« 東京オートサロン : トヨタGRMN FR Hot hatch Concept | トップページ | 東京オートサロン : EPSON NSX 1/1 ペーパークラフト »