« 1995年1月17日 阪神・淡路大震災 (2) | トップページ | 東京オートサロン : 雨宮風林火山 with SGC-Ⅶ »

2010年1月18日 (月)

東京オートサロン : EPSON NSX 1/1 ペーパークラフト

モータースポーツエリア スーパーGTコーナーに出展されていた、1/1スケールのEPSON NSXペーパークラフトに驚きました!

この原寸大のペーパークラフトを製作されたのは、イラストレーターの篠崎 均さんです。

Img_72011/1 EPSON NSX

Img_7198本物と並んでも違和感がありません。

Img_7192ダンボール製モノコックフレーム、右リア・アクスル周辺。

|

« 1995年1月17日 阪神・淡路大震災 (2) | トップページ | 東京オートサロン : 雨宮風林火山 with SGC-Ⅶ »

コメント

これは驚きです。
3次曲面が不可能なはずなのにこのリアルさ!!!
  
中学生の頃、車のペーパークラフトに凝っていて、欲しくても模型にならなかったフロンテ・クーペ等を創ったりしていました。(今と余り変わっていない?)

投稿: 職人 | 2010年1月18日 (月) 00時26分

新年会で、紙をめくるとカーボンフレームが出て来るのだろうか..との話しが出ておりました(^^

投稿: gop | 2010年1月18日 (月) 05時50分

職人さん

凄いでしょう!とにかく驚きました。
オートスポーツ・オプションの頃からのペーパークラフトの付録は篠崎さんだそうです。

投稿: イノウエ | 2010年1月18日 (月) 08時02分

gopさん

ダンボール製モノコックフレームの写真の部分を掲載しました。ダンボールモノコックはとても重いそうです。

投稿: イノウエ | 2010年1月18日 (月) 08時04分

こんにちは。
これは凄いですね!
篠崎さんってイノウエさんのおっしゃるオートスポーツOPTIONに
綴じ込みでついていたブラバムとウィリアムズ作った方ですね。
まだ本、作らずにとってあります。
しかしこれやっぱり展開図を印刷するんでしょうか?(笑)motorsports

投稿: ひろポン | 2010年1月18日 (月) 09時42分

えぇ〜ッ!スゴイですね!
思わず欲しくなりますが・・・1/1。
デスクの上には飾れませんね。(^_^ゞ

投稿: 路渡カッパ | 2010年1月18日 (月) 12時07分

ナカジマレーシングのサイトに制作過程が紹介されていました.
http://www.epson.jp/nakajima/special/realsize_nsx/index.htm
組立だけで10日間.もちろんその前に設計と図面起こしがあるわけですから,大変な手間です.

こういうのは制作過程が一番面白いですね.

投稿: akira isida | 2010年1月18日 (月) 12時27分

ひろポンさん

凄いでしょう、驚きました。

展開図を印刷したのはエプソンさんです。

オートスポーツ オプション、私もペーパークラフト作らずに持っています。


投稿: イノウエ | 2010年1月19日 (火) 00時13分

路渡カッパ さん

凄いですよね、驚くばかりです。

1/24のサイズはこちらで作れるようです。 ↓↓

http://www.epson.jp/nakajima/craft/

投稿: イノウエ | 2010年1月19日 (火) 00時21分

isida さん

製作過程、苦労話を色々とお聞きしました。
製作場所は、広丘のガラス張りの建物の一階、階段右のようですね。大判プリント、紙質は色々と試したそうです。

投稿: イノウエ | 2010年1月19日 (火) 00時32分

こんにちは。
写真拡大してみましたが、凄いです。
実車とは別な意味で
ワクワクさせますね。^^

投稿: shion | 2010年1月23日 (土) 05時56分

shion さん

ワクワク、感動しました。
次は何処で公開されるのかな。

投稿: イノウエ | 2010年1月23日 (土) 23時38分

先日出版されたNSX-GTのムック本でも隠された秘密がこれなんですね。
まさか段ボールを使っているとは。
流石はホンダ。特異なトランスミッション配置と並んで、我々の想像の斜め上を行く発想です。

冗談はともかく、ワタシも篠崎さんのウィリアムズFW07とBT49が掲載された「オートスポーツ」オプション誌は買いました。
でも、完成させることは出来ませんでした(^_^;)。

小さいスケールでも面の「張り」をきっちり出すのは難しいのに、このスケールだと相当のご苦労とノウハウがありそうですね。
一度、実物を見てみたいものです。
でも、保管が大変そうだ・・・(^_^;)。

投稿: nan | 2010年1月24日 (日) 02時02分

nanさん
 今は長野のエプソンイノベーションセンターホールに戻ったのかもね.

 ペーパーモデルの長期保管は難しいです.温度と湿度変化で紙は伸びたり縮んだりしますから.すでにフロントウインドーの中央が浮いてますね.3月のイベントでトンド焼されたりすると面白いかも.

投稿: akira isida | 2010年1月24日 (日) 18時16分

non さん

私は、作らず本のまま保存しています。もったいない気がして・・・。やはり作ると難しいですか。

isidaさんもおっしゃっていますが、長野・広丘に戻っているのかも知れませんね。

投稿: イノウエ | 2010年1月24日 (日) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/47310835

この記事へのトラックバック一覧です: 東京オートサロン : EPSON NSX 1/1 ペーパークラフト:

« 1995年1月17日 阪神・淡路大震災 (2) | トップページ | 東京オートサロン : 雨宮風林火山 with SGC-Ⅶ »