« New Year Meeting : タブリン インプ MK5 | トップページ | New Year Meeting : ヨタシチ »

2010年2月12日 (金)

New Year Meeting : マツダ R360クーペ

マツダR360クーペは生誕50周年。

マツダ(当時は東洋工業)が、R360クーペで4輪乗用車に参入、デザインは小杉二郎さん。

マツダの軽量化、ズームズームへの挑戦は、第一号の乗用車から。ボンネット、エンジンフード、エンジン部品、ヘッドライト/サイドウインド枠、ホイールキャップなどにアルミニウム合金、ロッカーアーム、オイルパンなどがマグネシウム合金、サイドウインドとリアウインドにアクリルを採用しています。また、潤滑系はドライサンプ方式となっています。

ミッションは、4速マニュアルとトルクコンバーターを採用した2速ATの二種類が設定され、サスペンションは前後トレーニングアーム、フロントガラスは合わせガラスとなっています。

Img_7713小学生のとき「カッコいいなぁ」と思ったR360クーペ。

Img_7714その思いは今も変わりません。

|

« New Year Meeting : タブリン インプ MK5 | トップページ | New Year Meeting : ヨタシチ »

コメント

大人になるにつれ、相対的にコンパクトに見えてくる軽自動車は「格好いい」から「可愛い」印象になりましたが、依然として魅力的ですね。

傑作と思います。
普遍的というか、旧さを感じさせません。キャノピーの形が、コスモスポーツに受け継がれ、やがてSAに・・・
そして秋にはRX500が生誕40周年を迎えます。

投稿: 職人 | 2010年2月12日 (金) 00時30分

小学校の時の「おんな先生」が乗っていました.Vツインの排気音が結構勇ましかったと思います.

比較するとキャロルのオールアルミ4気筒は静かでしたね.

合わせガラスはマツダ車の良き伝統でした.

投稿: akira isida | 2010年2月12日 (金) 21時35分

職人さん

2+2のクーペって凄いです。
とても50年前の車には見えない、スタイリッシュなデザインです。

投稿: イノウエ | 2010年2月13日 (土) 01時29分

isida さん

合わせガラス、当時子供心に「凄い!」と思っていました。マツダの伝統なんですね。

キャロルの水冷4サイクル4気筒エンジンは驚きました。静かでしたね。

投稿: イノウエ | 2010年2月13日 (土) 01時52分

合わせガラス

リンク先の下のほう
マツダシャンテのカタログの抜粋です
http://ah5243.blog72.fc2.com/blog-entry-25.html

私は中国縦貫道の下関付近,SA-22の助手席で合わせガラスの恩恵を受けました(笑).

投稿: akira isida | 2010年2月13日 (土) 13時42分

isidaさん

シャンテは、隣(本家)の叔母さんが乗っていて、免許取得してすぐのころ一番運転させて頂いた車です。REは搭載されませんでしたが、よく走る車でした。ホイールベースはシビックと同じ。乗用車と同じペダルレイアウト(タイヤハウスの出っ張りがない)で違和感がまったく無かったです。

中国道で何か飛んできたのかな、高速走行で合わせじゃなかったら「ぞっと」する状況だったのですね。

投稿: イノウエ | 2010年2月13日 (土) 15時28分

ホンダ・トゥデイがデビューした時もスタイリングの先進性に驚かされましたが、
案外ルーツはシャンテだったのかも・・・

R360クーペの詳細画像です。
http://tameike.blog.hobidas.com/archives/article/47522.html

投稿: 職人 | 2010年2月13日 (土) 18時52分

職人さん

トゥディ、シャンテのエッセンスは感じましたが・・・。

R360クーペ情報ありがとうございます。

投稿: イノウエ | 2010年2月14日 (日) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/47542690

この記事へのトラックバック一覧です: New Year Meeting : マツダ R360クーペ:

« New Year Meeting : タブリン インプ MK5 | トップページ | New Year Meeting : ヨタシチ »