« スバル ブラット / スズキ マイティボーイ | トップページ | capeta / カペタ »

2010年3月 7日 (日)

E.YAZAWA

はっぴいえんど、フラワー・トラベリング・バンドを聞いて、吉田拓郎を聞いていたとき突然「キャロル」が登場、疾風の如く駆け抜けた。1975年3月、京都を訪れていたとき野音から聞こえてきたのが「キャロル」、それは解散コンサート。そして、今も第一線「E.YAZAWA」。

現在では痛車のジャンルに入るのかバニングのエアーブラシ。

1221_013   

1221_017   

1221_014     

1221_015    

1221_016   

1221_020   

  

  

1221_021   

  

  

  

  
2009.12 武道館コンサート
photo:murakami

|

« スバル ブラット / スズキ マイティボーイ | トップページ | capeta / カペタ »

コメント

取り巻きやファッションの印象のせいか、当時は何となく食わず嫌いというか避けていましたが「初期のビートルズが好きなら聴いてみ♪」とsakachewにも勧められ・・
以後は少し聴くようになりました。

印象深かった紅白でのサプライズ。
歌詞間違えなど大した問題ではありませんね。

投稿: 職人 | 2010年3月 7日 (日) 00時48分

当時、何故ロックバンドが軽四輪の名前なのか不思議に思ったものです(^^ 解散ライブは日比谷野音でしたねぇ。

投稿: gop | 2010年3月 7日 (日) 06時17分

数年前に横浜アリーナでもコンサートがありました.帰宅するときコンサートに向かうお客さん達とすれ違ったんですが「ジャラッ,ジャラッと音がするんですよ.
皆さん金属のチェーンとか付けているので(笑).

矢沢さん,アウトローなイメージをちゃんと残しながらメジャーになったのは凄いですよね.やはり人間のスケールが大きいのでしょう.

投稿: akira isida | 2010年3月 7日 (日) 12時15分

職人さん

isida さんも書かれていますが、

>>矢沢さん,
>>アウトローなイメージをちゃんと
>>残しながらメジャーになったのは
>>凄いですよね.
>>やはり人間のスケールが大きいのでしょう.

と思います。


投稿: イノウエ | 2010年3月 8日 (月) 00時14分

gopさん

当時、親父がマークⅡに乗っていたので拓郎の「マークⅡ」って、コロナマークⅡの歌ってね。同様にマツダ「キャロル」が・・と思いました。

関西に住んでいると、解散が決まって京都来たのだか「解散コンサート」と皆思っていたと思いのす。
公式の解散ライブは、日比谷野音ですね。

投稿: イノウエ | 2010年3月 8日 (月) 00時19分

isidaさん

おっしゃる通りですね.凄い方と思います。

武道館には、竹やり出っ歯な車両もちゃんと来ていました。こちらも凄いと思います。

投稿: イノウエ | 2010年3月 8日 (月) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/47741955

この記事へのトラックバック一覧です: E.YAZAWA:

« スバル ブラット / スズキ マイティボーイ | トップページ | capeta / カペタ »