« 街角の車 : マセラティ・クアトロポルテ | トップページ | モード学園 : 東京・名古屋・大阪 »

2010年3月 2日 (火)

スズキ スイフト & ラパン / 河岡徳彦

河岡さんがスズキに2001年から2004年在籍した成果が「スイフト」のデザインであると思っています。

東洋工業-オペル-GM-マツダ-スズキと転籍し、素晴らしい作品を世に送り出してきた、河岡徳彦さん。現在は静岡文化芸術教授・研究分野は自動車デザインを含む生産造形。

Img_8252スズキ・スイフト

Img_8257河岡徳彦のポートフォリオ
car styling No.195に掲載されています。

000_031河岡さんがスズキに移籍して「ゆるさ」に驚いたラパン。筆者も2001年のモーターショーでのラパンの登場に驚き、欲しいと思った。

SwCONCEPT-S2

_1ラパン

|

« 街角の車 : マセラティ・クアトロポルテ | トップページ | モード学園 : 東京・名古屋・大阪 »

コメント

スイフト、特にクリーンな側面形状が、とても好きです。ここまで良いと次世代への置き換えが大変そう。

ラパンは先代が評判良かったのか、2代目もキープコンセプトで出てきましたね。

投稿: 職人 | 2010年3月 2日 (火) 03時27分

イノウエ様
>河岡さんはマツダの初代フェステイヴァ?でしたっけ、あの四角いボデイを担当されました。四角い車がお得意のようですね。

>テイントイのコレクターでいらして,本も出されています。かつてのM2で展示会がありました。

>スイフトあっての今の躍進SUZUKIがあります。黄色のスポーテイなスイフト、良かったですね。

投稿: 大内 誠 | 2010年3月 2日 (火) 11時39分

ここ十年ぐらいの間にディーラーで新型車を試乗したのは一度だけという(笑)まったくもって車に興味のない私ですが、
......その一台が実はスィフトだった理由が今わかりました。

なるほどこう繋がってくるわけですか。(笑)

大内さん、横から失礼致します。
フェスティバって切り口が楽しくて、安めの小さな車としての割り切り方もすごく上手で、好きな車の一台でしたね。

投稿: 117おやじ | 2010年3月 2日 (火) 20時35分

コメントしずらいな(笑).

ラパンでひとつだけ不満なのがオーナメントです.ラパン(アナウサギ)の耳はあんな長くないってば.

VWと提携して何が出てくるのか楽しみですね.

投稿: akira isida | 2010年3月 2日 (火) 21時25分

今晩は。
スズキ、凄くまともなデザインに見えます。
今日、ワールドプレミアのマーチ、どうしちゃったの?ッて言いたい気分になりました。
誤解を恐れずに言えば、某国のパクり車みたいで。
2代目まで持っていたシンプルな中にも筋の通った形、これに負けじと値段で勝負し、2代続けて見事に外れたスターレットもしのぐ良い物観が失われていくのが・・・。

http://www.carview.co.jp/news/0/123604/1/

投稿: シンちゃん | 2010年3月 2日 (火) 21時59分

職人さん

スクープ記事にスイフトが登場しましたね。こちらもキープコンセプトのように見えます。

ラパン、個人的には初代の顔が好きです。

投稿: イノウエ | 2010年3月 2日 (火) 23時41分

大内さん

一世を風靡した「赤いファミリア」も担当されています。

3DrハッチのコンセプトSはパリでしたが、オープンのコンセプトS2は東京に出展されました。写真を追加しました(ラパンも)

次回のイラスト展、河岡さんも誘ってください。児玉さん、青戸さん、河岡さんでトークショーの聞きたいです。

投稿: イノウエ | 2010年3月 2日 (火) 23時49分

117おやじさん

スイフト、良いですね。
3Drハッチが国内で市販されたらBGから乗り換えるのに・・・。

投稿: イノウエ | 2010年3月 2日 (火) 23時51分

isidaさん

コメント、難しいですよね。

確かに、オーナメントのラパンの耳は長いです。

投稿: イノウエ | 2010年3月 2日 (火) 23時54分

シンちゃん

スイフトは素晴らしいですよね。

マーチ、返答に困るデザインです。

投稿: イノウエ | 2010年3月 2日 (火) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/47687079

この記事へのトラックバック一覧です: スズキ スイフト & ラパン / 河岡徳彦:

« 街角の車 : マセラティ・クアトロポルテ | トップページ | モード学園 : 東京・名古屋・大阪 »