« Audi Sport quattro S1 (Gr.B) | トップページ | Garage伊太利屋 »

2010年3月15日 (月)

急行 能登 / ホームライナー鴻巣3号

3月12日で定期運行の役目を終えた「能登」。
能登には、もうひとつの姿がありました。それはホームライナー鴻巣3号です。

Img_2159能登に変身するホームライナー鴻巣3号。 

Img_2162表示は「急行」のまま運行していました。  

Img_2164    

   

   

|

« Audi Sport quattro S1 (Gr.B) | トップページ | Garage伊太利屋 »

コメント

上野駅のボンネット特急、学生時代181系「とき」に乗りに行った事を思い出します。その前身、151系「こだま」は1歳の時、乗ったらしいのですが、全く記憶に無いのが残念(^^

投稿: GOP | 2010年3月15日 (月) 08時28分

この形の「ひたち」は高校時代にもまだ走ってました.日立から通学していた悪友が,良く遅刻しそうになると通学定期で「ひたち」にただ乗りしてました.

ひたちandこだま で検索したら,こんな「こだま号」が(笑).
http://www.japan-net-hitachi.jp/kodama-t/top.htm

投稿: akira isida | 2010年3月15日 (月) 20時13分

gopさん

上野駅では、鴻巣から戻ってきた車両をよく見ていました。上野駅での撮影はちょっと恥ずかしいので撮っていませんでした。数年前、仕事でさいたま新都心に行っていたとき、上りのホームライナー鴻巣3号が止まっていたので撮影しました。上りは乗車出来ないのが難点でした。

ボンネット型は大阪-岡山で乗っていたはずなのですが記憶にありません、残念です。

投稿: イノウエ | 2010年3月15日 (月) 22時31分

isidaさん

「ジャパネットひたち」ってあるのですね。この餅つき機、見たことあります。

倉敷の親戚に行ったとき見た、乗ったはずなんですが、山陽本戦を走る「SL」が気になってしかたありませんでした。

投稿: イノウエ | 2010年3月15日 (月) 22時41分

ボンネット型の483系は、茨城在住時にお世話になりました。
でも、あの当時既にちょっと時代遅れの感もありましたが・・・(^_^;)。

>isidaさん
>良く遅刻しそうになると
懐かしいです。
茨城時代の同僚が、遅刻しそうになったので立ち席特急券で来た、っていう話はよくありました。

投稿: nan | 2010年3月16日 (火) 00時04分

nonさん

随分と長く運行していたのですね。
東京に転勤して、上野駅での乗り換えで見て懐かしく驚きました。(形式が違いましたが・・)

投稿: イノウエ | 2010年3月17日 (水) 00時01分

>随分と長く運行していたのですね。
直交区間をスルーできる形式は、これだけでしたからね。
#583系もありましたが、あれはちょっと特殊なので。
常磐線は1985年のダイヤ改正で「ひたち」大増発になった際、九州から大量に「ボンネット型」が勝田にお輿入れしたということもあって、ボンネットの方が多かった記憶があります。
その85年の3月に上京した際、上野駅で九州からきたクハ481を見て、ちょっとニヤッとしましたが、その1年後にはその沿線に住むことになるとは思いもしませんでした(笑)。
ちなみに前回のエントリでは483と書いてしまいましたが、普通は481、483、485系をひっくるめて485系と呼びます。
山岳系ランナー489系をここに含めるかどうかは議論と趣味の分かれるところです(^_^;)。
その性格から北は北海道から、南は九州まで活躍しました。国鉄/JRの路線で電化しているところ殆どで運用されたという電車(形式)も珍しいのではないでしょうか。

投稿: nan | 2010年3月19日 (金) 01時40分

nonさん

85年からこちらですか、私は89年からです。この4年間が大きいようですね。
上野駅でボンネット型を見なくなって一週間が過ぎました。いつも見ていた時間に見ないって変です。これも時間が解決するのでしょうが、脳裏には焼きついています。


投稿: イノウエ | 2010年3月19日 (金) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/47803469

この記事へのトラックバック一覧です: 急行 能登 / ホームライナー鴻巣3号:

« Audi Sport quattro S1 (Gr.B) | トップページ | Garage伊太利屋 »