« 国立、いつもの場所で「お花見」 | トップページ | 生誕50周年 ニッサン セドリック »

2010年4月 5日 (月)

生誕40周年 トヨタ セリカ

1964年に登場したフォード・マスタングの影響を強く受けて1970年に誕生したセリカ。
ベースとなったデザインは、アメリカで描かれたという説も存在する。

Img_2051_1初代
ヤマハ製1.6リッターDOHCエンジン2TGを搭載。

Img_11411971年の東京モーターショーでSV-1として登場する。

Img_2056_1_2ヤマハ製2リッターDOHCエンジン18R-Gを搭載、5マイルバンパーも装着されたモデルもあった。

Img_53553代目
Gr.BモデルとしてWRCに参戦。
写真はGr.S

Img_5358Gr.Sのスクラッチモデル。
Img_2685_2サファリラリー仕様

Img_09795代目
輸出用のWRCホモロゲモデルは、カルロス・サンイツ リミテッドエディションと呼ばれた。

Img_09866代目
このモデルより3ナンバーボディとなる。

Img_0122_17代目 前期型
2ZZ-GE型エンジンは可変バルブタイミングリフト機能を搭載。

Img_0641_1_2FF専用設計モデル(写真は後期型)となる。

Scn_0006_1東京モーターショー出展車両

|

« 国立、いつもの場所で「お花見」 | トップページ | 生誕50周年 ニッサン セドリック »

コメント

こうして歴代揃うと壮観ですね~^^

私のお気に入りは初代と、4代目の流面形です。

初代、2代目以外は全てTAMIYAの模型で揃う点からも、当時の人気の高さを伺うことが出来ます。

投稿: 職人 | 2010年4月 5日 (月) 01時14分

昨日、花見と墓参りの帰り道にフロントクーペとこの1stセリカ(ダルマ)を見ました。良い音させて走ってましたね。
個人的にはLBが好きで、車買う時の候補に考えてた位です。
懐かしい思いますね。

投稿: '80XE PA96E | 2010年4月 5日 (月) 07時45分

セリカ、40年で7代目。時代の要求とともに・・・ってことでしょうが。
あまりにもデザインに一貫性が感じられないですね。
名前だけを引き継いでるって感じで寂しいかな。
マスタングも6代目にして復刻したことだし、セリカも初代復刻もアリかと・・・

投稿: 路渡カッパ | 2010年4月 5日 (月) 10時40分

イノウエさんこんにちは、初めましてサントラと申します。
MR・Hさんのブログから入らせて頂きました。これまで時々のぞかせて頂いてましたが初めて書込をさせて頂きます今後共宜しくお願い致します。
私50代後半のクルマ大好きオヤジです。セリカは私の愛車歴の中で一番好きだった車です!S49年春に1.5代のノッチバックですがマイチェンでLBと同じフロントマスクになったオリーブグリーンに乗っていました。当時三度のメシよりクルマが好きで(今でも尾を引いてます・笑)A・W、ステアリング、ライト等々舶来(死語ですね)用品でドレスアップして得意気に走り回っていました!青春の1ページです(^^

投稿: サントラ | 2010年4月 5日 (月) 12時54分

最初の頃はアメリカの影響の強いデザインでしたが,だんだん「和」を感じさせるデザインに変わったと思います.

一番好きなのは,流面形セリカのGT FOURです.

投稿: akira isida | 2010年4月 5日 (月) 21時26分

セリカは現用117の先代さんでして写真で言うと三枚目のLB2000GTに乗ってました。
 何よりもディザインと後席を完全無視した思い切ったパッケージングは今でも魅力的に思えます・・・んが!
例の18RGは全くのタコエンジンで不満タラタラでした。
 更に輸出を考慮したとは言えあの巨大バンパーは醜悪の一言。
 個人的にはセリカってFF化された時点で終わってると思います。

投稿: うんつく | 2010年4月 5日 (月) 23時38分

職人さん

ありがとうございます。
2代目を初めて見たとき、あまりの変貌に驚きました。
タミヤ製の初代ってあったような気がしますが・・記憶違いのようです。

投稿: イノウエ | 2010年4月 6日 (火) 00時08分

えーっと、またツッコまれそうなコメントします(^_^;)。
歴代セリカのベストはやはり初代のクーペ。
淡い色のいい車体色があったように思います。
その他のFRセリカは、あまり好みではなかったりして。
セカンドベストは4代目「流面形」。
FFも良かった(意外と1.6Lも良かった)ですが、やはりGT-FOURは素晴らしかったと思います。
うんつくさんに楯突くようですが(^_^;)、セリカはFFになって復活したと思っています。
#リアルタイムに経験していたせいもあるかも知れませんが。

3番手は(今のところ)最後の7代目。
素直に格好いいと思いました。
レクサスISと現行ハイエース登場まで、私的ベスト・トヨタ車でありました(^_^;)。
これにGT-FOURがあったら、買っていたカモ。

投稿: nan | 2010年4月 6日 (火) 00時16分

'80XE PA96E さん

初代は、近所にクーペとLBがいるのでよく見ています。あれはヤマハ製エンジンかなぁと思いながら。

フロンテクーペは最初に買った車、楽しいクーペでしたよ。

投稿: イノウエ | 2010年4月 6日 (火) 00時18分

路渡カッパさん

動機が不純と言いますか・・スペシャリティカーはステイリッシュであれば「売れる」がコンセプトでしたから。

マスタングは初代が大きかったから出来たと思います。セリカの初代で行うには、小さすぎて。安全基準が厳しいので作れないと思うのですが・・。

投稿: イノウエ | 2010年4月 6日 (火) 00時51分

サントラさん

初めまして、
こちらこそ宜しくお願い致します。

舶来には憧れましてね、私も同じです。車検に通る、通らないなども話題となった、今となっては楽しい時代でしたね。

投稿: イノウエ | 2010年4月 6日 (火) 00時55分

isidaさん

初代、アメリカ色が強かったですよね。

私もGT-FOUR、好きです。近所にとても綺麗なので一台います。

投稿: イノウエ | 2010年4月 6日 (火) 01時03分

うんつくさん

国立でもお話致しましたか、トヨタ内製だったと思います。ヤマハ製は別物でしたから。

FFのあとAWDは好きです。良かったと思います。

投稿: イノウエ | 2010年4月 6日 (火) 01時05分

nonさん

4代目の写真なくて申し訳けありません。
初代のクーペは力作と思います。LBはGTOと同様にあまりもダッグテールを真似しすぎでしたね。
レースではカッコよかったですが。とくに1000km仕様。

私も流面系の4代目好きです。とくにAWDが。

7代目は6代目で例の事件がありAWDは予定になかったようですね。

投稿: イノウエ | 2010年4月 6日 (火) 01時12分

フルチョイスシステムには小学生ながら工場の人は大変だったろうなと思ってました。
確か1万何千通りでしたっけ。
外装3、エンジン3、内装8、ミッション3で掛けても一万には程遠い。記憶違いかな?

投稿: 戸川流 | 2010年4月 6日 (火) 10時16分

戸川流さん

マスタングを真似たフルチョイスシステム、何種類あったか調べてみます。

投稿: イノウエ | 2010年4月 7日 (水) 00時49分

フルチョイスシステム、エラストマカラーバンパーなんてのも日本車では始めてだったのかな。ETに1600のツインキャブ積んで..なんて考えてたっけ(笑)同時発売のカリーナ共々、旧態依然とした日本車デザインに一石を投じたクルマだと思います。

投稿: GOP | 2010年4月 7日 (水) 12時55分

gopさん

フルチョイスだけでなく販売方法もマスタングを真似て日本初でした。

チョイスを考えるワクワクしていましたね。GTだけはチョイスの選択肢がなかったですが。

デザインはセンセーショナルでしたね。特にクーペは。

投稿: イノウエ | 2010年4月 8日 (木) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/47999217

この記事へのトラックバック一覧です: 生誕40周年 トヨタ セリカ:

« 国立、いつもの場所で「お花見」 | トップページ | 生誕50周年 ニッサン セドリック »