« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

Alfa Romeo Giulietta Sprint Speciale

スカリオーネ・デザインのジュリエッタ スプリント スペチアーレ。

近年開催されている、日本のヒストリックカー・ラリーでこの車両をはじめとして多くのジュリエッタ スプリント スペチアーレが活躍しています。

Img_0123   

Img_0125   

Img_0137   

Img_0135   

Img_0136   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

FIAT 500 MAXI

FIAT 500 MAXI

クロムモリプデン鋼のパイプフレームに、ランチア・テーマのチューニングエンジンを搭載したイタリアのオート・スラロームというカテゴリーに参戦するフィアット500。

Img_0114   

Img_0115   

Img_0116   

Img_0117   

Img_0119   

Img_0121_1チョロQサイズのミニチュアカー(スクラッチモデル)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

FIAT 500 アバルト

FIAT 500 アバルト

ルームミラーに映るアバルトは、まさに「サソリ」威圧感があります。
実際に乗ると、サスは固め、トルクフルなエンジン、鋭い加速、これがアバルトなんですね。

3_img_0061バックミラーの赤が威圧感を醸し出す。  

3_img_0066右がイタリア本国仕様、左が日本仕様。タコメーターの取り付け位置が違います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

街角の車 : ミニ クラブマン

銀座のショーウィンド、ミニ クラブマンが似合う。

Img_0085   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

街角の車 : LANCIA DELTA INTEGRALE

昼下がりの銀座

マルーティーニ・カラーのデルタ・インテグラーレが停まっています。
これに反応して、撮影した筆者です。そのファインダーの先に嬉しそうなカップルが登場、ちょっとした撮影会となってしまいました。外人カップルと私の3人ですが。

Img_0078   

Img_0079   

Img_0077_2   

Img_0080   

Img_0083    

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

PORSCHE 73/74 カレラ

73カレラと73年製造の74カレラ。

911Rの後継モデルとして市販されたのが73カレラ。(911R、日本に一台ありましたが焼失しました)。
911RSRの原点、Gr.4GTカテゴリー参戦のために製作されたのが73カレラです。

4_img_9854ルマン・クラシック参戦車両です。

4_img_006573Carrera RS

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

PORSCHE 356A Speedster 1500 GS-GT Carrera (57)

PORSCHE 356A Speedster 1500 GS-GT Carrera。

2006年、全日本スポーツーカー耐久選手権シリーズJapan Le Mans Challenge、シリーズ2位を獲得の車両。もう表舞台には登場してこないと思われる、希少なオリジナル・コンディションのGS-GT。

0_img_9987   

   

2_img_0012   

2_img_9993   

2_img_0015   

2_img_9990   

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

PORSCHE 904 GTS

ナンバーが取得出来る最後のレーシングポルシェ 904GTS。

この904が、世界で唯一のオリジナルモデル(工場出荷時と同じ)だそうだ。

1_img_0008   

1_img_0030   

1_img_0042   

1_img_0050   

1_img_9970   

1_img_0046   

1_img_0052   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

基準

世界一厳しいと言われている日本の基準。

Img_8730軽の方が大きく見えます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

街角の車 : ジャガーXK

アストン・マーチンを手がけたイアン・カラムの作品。Eタイプと同様にリアハッチが開くボディとなっています。

Img_9655V8 4.2リッターエンジンを搭載しています。  

Img_9656アルミモノコックボディは、XJのボディを進化させています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

リサイクル

近所の月極駐車場に停めている綺麗なNAロードスター。

Img_9621リサイクルのステッカーが貼ってありました。私のロードスターは黄色だから貼ると目立つなぁ。
この駐車場の横は下り坂なのでこのアングルで撮れました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

トレッキング / TL125S バイアルス

新緑、野山は花が咲き乱れ、新しい息吹感じる季節となりました。

Img_9758新緑の桜並木を走る。

Img_9757  

Img_9711スカイツリー、一日1m天空に伸びて行くそうそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

FIAT SIATA 508S MM

FIAT SIATA 508S MM

改造車の製作を手がけていたシアタは、フィアットの開発部門と関係が深くフィアットの先行開発も行っていました。そのため、スペチアーレが用意されていました。

0411_1203   

0411_1199   

0411_404   

Img_2880   

Img_2884   

 

  

  

  

 
photo : murakami、inoue

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

CISITALIA 202SC

CISITALIA 202SC

チシタリア( Cisitalia:Consorzio Industriale Sportivo ITALIA)は、第二次大戦後ピエロ・ドゥジオが、シングルシーターのワンメークレース実現のために起業した会社です。
その後、ピニンファリーナ・デザインにより、世界で初めてフェンダーとボディを一体化したチシタリア202を誕生させます。その車両は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)に展示されています。
MoMAの202SCはgopさんのところにあります。
http://987.blog.so-net.ne.jp/2006-07-09

チシタリア202には、Cisitalia 202SC PininfarinaとCisitalia 202SC Stabilmenti Farinaの二つのモデルが存在します。後者はピニンファリーナのお兄さんの工房です。

0411_310   

0411_299   

0411_304   

0411_312   

0411_1180   

 

 

 

 

photo : murakami

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

Panhard DB HBR

Panhard DB HBR

1953年ル・マン24時間レース出場、総合19位、クラス優勝を飾っています。
(AUTOMOBILES DEUTSCH ET BONNET)
1954~1956年ミッレ・ミレア出場というヒストリーを持つ希少な車両です。
(photo : murakami、inoue)

0411_036Kさんの愛車です。  

Img_9637大内さんのテクニカルイラストです。素晴らしいです。

0411_365Uさん、ご結婚おめでとうございます。

Img_5771  

0411_039   

0411_045   

0411_052   

0411_054   

0411_050   

0411_047   

 

  

  

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

Panhard DB ANTEM

Panhard DB ANTEM

50年代のレースで活躍したDB。Dはシャルル・ドゥーチェの「D」、ルネ・ボネの「B」のイニシャルから名付けられました。パナール・ディナをベースに、ANTEM製ボディを搭載して作られたスポーツカーです。
この車両は、ルネ・ボネ自身がセブリングなど北米のレース活動を行ったワークスカーです。

0411_059   

0411_061   

0411_1208撮影していらっしやるのは「ジョーホンダ」さんです。 

  

  

  

 
photo : murakami

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

Panhard CD Le Mans

CD LeMans
この車両は、ルマンの予選で「熱効率賞」を狙うために製作された希少車です。ルマン本戦には、ちゃんと垂直尾翼を立てた外装の兄弟車が出場しています。 

0411_069   

0411_070   

0411_072  
0411_1223_3  

   

 

   

 

 

 

 

photo:murakami

   

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

Panhard Crepardi 750 Allemano

パナール Crepardi 750 アレマーノ
ミッレミレアに出場するため、ディナをベースにアレマーノ製ボディを搭載した。

0411_1034台製造されたといわれています。  

0411_109  

0411_105   

  

  

  

  

 

photo : murakami

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

Panhard Dyna Z Junior

アルミニウムとマグネシウムの合金「デュラリノック」を採用しプレス加工が容易になったことから、ファセル・メタロン社に外注していたボディ製作を内製化した。Zは、オールアルミボディとしては、世界で最初の本格的量産モデルです。

0411_387  

0411_388_1    

 

 

 

photo : murakami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

Panhard DYNA 85X

1890年、フランスで最初のガソリンエンジンを搭載した自動車を開発したパナール。1891年に世界で最初のFR方式を開発、さらにトランスミッション、フロントラジエター、丸ハンドルの開発など自動車の発展に大きく寄与しました。長い歴史の中で紆余曲折があり、1955年にシトロエン配下、1965年に吸収され、1967年にシトロエン配下の軍事車両専業メーカーとなります。2005年にPSAは、パナールをオーバーランドに売却、現在も軍事車両の製造を行っています。

第二次大戦後は、高級車からFF小型乗用車の製造に転進、1967年まで乗用車の製造が続けられました。生き残りをかけ、市販したのがディナ・シリーズです。

FFの乗用車設計では、当時トップエンジニアであったA・J・グレゴワールが、戦時中から考案していたアルミニウム モノコックフレーム・ボディで軽量化をはかり、量産を実現しました。

0411_092   

0411_095   

  

  

  

  

photo : murakami 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

Citroen Traction Avant 11CV

Citroen Traction Avant 11CV

1934年から1957年まで、世界的にみても黎明期にモノコックボディと前輪駆動を採用した乗用車とその派生モデルの総称がCitroen Traction Avantとなります。
1934年登場した11CVのエンジンは、DSにも搭載され1966年まで現役として活躍しました。

Img_9571_211CV最終モデル  

Img_9570   

Img_9569   

Img_9572   

Img_9576   

Img_9575   

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

ルネ・ボネ・ジェット

ルノ・ボネ・ジェット、
ルノー8のエンジンを搭載した、世界で最初の量産型ミッドシップのスポーツカー。

0411_1111   

0411_1115   

0411_1256   

 

  

  

  

photo : murakami

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

セブン

1957年ロンドンショーで公開された、オープン・ホイールのクラブレーサー。シリーズ1~4まで生産された。

1973年にシリーズ4がケータハム社、1982年にシリーズ3をバーキン社が製造することとなる。ご存知のように裁判がありケータハムはセブンの名称を使うことが出来、バーキンはシリーズ3の製造が認められたがセブンの名前は使えなくなった。ロータス社と関わりないウエストフィールド社は敗訴、シリーズ4に似たボディデザインとなった。

(ケータハム社は、ロータスからセブン・シリーズ4の製造販売権と、在庫、製造治具などの生産設備を購入。バーキン社は、コーリン・チャップマンの死去後、ロータス社を継いだ奥さんのヘイゼル・チャップマンが南アフリカ支店を設立、バーキン卿の起業したバーキン社でシリーズ3の生産を開始した)

0425_041   

0425_190   

0425_230    

0425_298   

  0425_296   

 

 

  

  
 

photo : murakami

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

ホンダS800

S500、S600に続きSシリーズ第三弾としてS800が1966年に市販されました。
ケイヒンの4連CVキャブレターを装着した791cc水冷直列4気筒DOHCエンジンが搭載されています。
 
0425_118   

0425_117   

0425_218    

  

  

  

 
photo : murakami

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

アルピーヌA110

アルピーヌA110、ワインディング・ロードが一番似合う。

0425_112   

0425_289   

0425_325    

  

  

  

 
photo : murakami
 

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

ジャガーEタイプ シリーズ3

アメリカの安全基準の変化に対応、排気ガス規制に適合させV12、5.3リッターエンジンを搭載したシリーズ3。ロードスターも2+2ボディとなりロングホイールベースとなった。

0425_132   

0425_203   

0425_290    

  

  

  

 

photo : murakami

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

ジャガーEタイプ シリーズ2

アメリカの安全基準に合わせてシリーズ2となったEタイプ。排気ガス基準に適合するため3キャブレターが2キャブレターに変更された。 

0425_067    

0425_128   

  

  

  

 
photo : murakami

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

ジャガーEタイプ シリーズ1

1961年ジュネーブショーで公開されたEタイプ、マルコム・セイヤーがデザインを担当した。

Img_0215シリーズ1 クーペ
4.2リッターモデル

Img_0257   

Img_0247   

Img_0254   

Img_0256   

Img_4364シリーズ1 ロードスター
4.2リッターモデル  

Img_4368   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

Ferrari 365GTC/4

フェラーリ365GTC/4

V12、4.4リッターエンジンをフロントに搭載する、365GTCの後継モデル。

0425_050デイトナをイメージさせるピニンファリーナデザイン。

  

  

  

photo : murakami

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

Ferrari California / フェラーリ カリフォルニア

新しいカリフォルニアは、フェラーリ初のCC(Coupe  Convertible)
シューマッハが開発に関わったとされる、フェラーリ初のデュアルクラッチ式セミオートマを搭載している。

0425_077FR、2+2
V8、4.3リッター、460ps

1_img_1277_2初代250カリフォルニア 

  

  

  

  

photo : murakami、inoue

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

Ferrari 275GTB

250系の後継モデルとして誕生した275GTB、デビューは1964年のパリ・サロン。

0411_1178ピニンファリーナのデザイン、製作はスカリエッティが担当。 

  

  

  

photo : murakami

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »