« セブン | トップページ | Citroen Traction Avant 11CV »

2010年5月10日 (月)

ルネ・ボネ・ジェット

ルノ・ボネ・ジェット、
ルノー8のエンジンを搭載した、世界で最初の量産型ミッドシップのスポーツカー。

0411_1111   

0411_1115   

0411_1256   

 

  

  

  

photo : murakami

|

« セブン | トップページ | Citroen Traction Avant 11CV »

コメント

これは未だ実車を観たことがありません。

先のA110に比べると腰高な印象がありますが、可愛らしくて好きですね。

貴重な画像ありがとうございます。

投稿: 職人 | 2010年5月10日 (月) 03時39分

この個体ですかね?
http://987.blog.so-net.ne.jp/2005-07-02

投稿: GoP | 2010年5月10日 (月) 12時05分

ちょっとスペックを調べたら・・

全長3800m,全幅1400mm,全高1150mm
トレッド (F/R)1260/1250mm

いやあ,ちっちゃいですねえ.一昔前の軽自動車のサイズですね.

投稿: akira isida | 2010年5月10日 (月) 20時58分

職人さん

このルノ・ボネ・ジェットは、今週から始まるフランス特集には欠かせない希少な車両です。これから登場する車は、きっとご存知と思います。

このルノ・ボネ・ジェットは、1962-1964まで製造されますが、製造してたいオトモビル・ルノ・ボネ社は経営難となります。この車両のFRPボディを製造していたのがマトラで、マトラが買収しマトラ・ジェットとして1965年に登場します。後に登場するA110とライバル関係となります。1966年にJETとなり、1967年に、後継のマトラM530がミッドシップのコンセプトを継承しました。


投稿: イノウエ | 2010年5月10日 (月) 22時13分

GoPさん

はい、その車両そのものです。

投稿: イノウエ | 2010年5月10日 (月) 22時17分

isidaさん

サイズ的にAZ-1ですよね。
ルノー8のエンジンを搭載したレイアウトの関係でホイールベースが2400mmとなり、全長が3800mmとなっています。

当時、AZ-1のコンパクトなエンジン(アルトークス用)があれば、サイズは同じになっていたと思います。

パナールDBを作った方だから、出来た車両と思います。

投稿: イノウエ | 2010年5月10日 (月) 22時27分

ここは貴重なコレクションだったのですが。
http://987.blog.so-net.ne.jp/2008-04-26

又見れる日は来るのでしょうか?

投稿: gop | 2010年5月11日 (火) 04時59分

詳しい解説有り難うございます。参考になります。
溝呂木さんの所で紹介されていますが、この車種も模型になっていましたね。

後AZ1といえば静岡のホビーショーでA社から模型が新作として出品される?様です。
発売は来月頃でしたか、20年待った甲斐がありました。今からとても楽しみです。

投稿: 職人 | 2010年5月11日 (火) 14時01分

GoPさん

ルーチェで企画展が開催されています。
前回はチシタリアでした。きっとご覧になった車両と思います。

投稿: イノウエ | 2010年5月12日 (水) 00時40分

職人さん

AZの貴重な情報ありがとうございます。
楽しみですね。

投稿: イノウエ | 2010年5月12日 (水) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/48309704

この記事へのトラックバック一覧です: ルネ・ボネ・ジェット:

« セブン | トップページ | Citroen Traction Avant 11CV »