« ルネ・ボネ・ジェット | トップページ | Panhard DYNA 85X »

2010年5月11日 (火)

Citroen Traction Avant 11CV

Citroen Traction Avant 11CV

1934年から1957年まで、世界的にみても黎明期にモノコックボディと前輪駆動を採用した乗用車とその派生モデルの総称がCitroen Traction Avantとなります。
1934年登場した11CVのエンジンは、DSにも搭載され1966年まで現役として活躍しました。

Img_9571_211CV最終モデル  

Img_9570   

Img_9569   

Img_9572   

Img_9576   

Img_9575   

|

« ルネ・ボネ・ジェット | トップページ | Panhard DYNA 85X »

コメント

イノウエ様
おっしゃる通りですね。進んでいました。白って珍しいですね。

投稿: 大内 誠 | 2010年5月11日 (火) 10時56分

当時から長命だったのですね。
後のDSに繋がって、更なる未知の世界へ・・・

投稿: 職人 | 2010年5月11日 (火) 13時50分

 このフロントグリルを見るたびに1932年のFordとの類似性を感じます.

 真似をしたとかでは無くて,当時のシトロエンが鋼板モノコックボディや流れ作業での大量生産などアメリカ車の生産システムを指向していた証だと思います.

投稿: akira isida | 2010年5月11日 (火) 21時54分

記憶違いかもですがフランスの映画だったか「ディーバ」という映画で、この白いシトロエンが登場しますね。
使い方が幻想的だったような記憶があります。

投稿: GON | 2010年5月11日 (火) 23時26分

大内さん

進んでいましたねシトロエン。
白は珍しいです、
この車両は首都圏某所でメンテナンスを受けるようです。

プジョーの最初の車もシトロエン製エンジンでした。

投稿: イノウエ | 2010年5月12日 (水) 00時45分

職人さん

凄い長寿です。
13年過ぎたらスクラップにする国とは違います。
文化に違いがありすぎます。

投稿: イノウエ | 2010年5月12日 (水) 00時47分

isidaさん

おっしゃる通りです。
この流れの中で、現代の車作りとなるわけですね。

投稿: イノウエ | 2010年5月12日 (水) 00時59分

GONさん

情報ありがとうございます。

掲載した写真の最後にありますように、ダッシュボードには「エッフェル塔」が描かれていました。

投稿: イノウエ | 2010年5月12日 (水) 01時01分

四半世紀前辺りまでパリでも見掛けた物ですが、流石に消えましたねぇ。先日動かし方が出てましたが。
http://www.webcg.net/WEBCG/essays/makkina/e0000022494.html

投稿: GoP | 2010年5月12日 (水) 08時40分

同じモデルですが今年の初め頃ホーチミン市内の博物館で拝見しました。
特段大切にされている訳でも無く玄関前に雨ざらし状態でしたがそれが逆に健気に見えましたね。
 「ぼく今でも頑張ってるよ!」なんて言ってるみたくでね。

投稿: うんつく | 2010年5月12日 (水) 21時30分

GoPさん

そうなんですか、貴重な情報ありがとうございます。

投稿: イノウエ | 2010年5月13日 (木) 00時31分

うんつくさん

貴重な情報、ありがとうございます。

この11CVも、似た状況でした。

投稿: イノウエ | 2010年5月13日 (木) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/48309502

この記事へのトラックバック一覧です: Citroen Traction Avant 11CV:

« ルネ・ボネ・ジェット | トップページ | Panhard DYNA 85X »