« アルピーヌA110 | トップページ | セブン »

2010年5月 8日 (土)

ホンダS800

S500、S600に続きSシリーズ第三弾としてS800が1966年に市販されました。
ケイヒンの4連CVキャブレターを装着した791cc水冷直列4気筒DOHCエンジンが搭載されています。
 
0425_118   

0425_117   

0425_218    

  

  

  

 
photo : murakami

|

« アルピーヌA110 | トップページ | セブン »

コメント

先のEタイプ、コスモスポーツ等もそうですが
(オーバーヒート対策?)この時期フロントグリルの大型化は避けられなかったようですね。

いずれもスタイリング的には初期のシンプルな方が好みですが内容の充実度を考えると、これはこれで魅力的です。

画像で見る車単体だと大きさが判らない位まとまりも良く、人のサイズとの対比で改めて小さい車体を実感します。

大好きな車種です。

投稿: 職人 | 2010年5月 8日 (土) 05時44分

職人さん

エスは、宗一郎さんの気持ちが伝わってきます、好きです。

大人が二人乗っていると車そのものの大きさが分かります。60年代の車は小さいですね。


投稿: イノウエ | 2010年5月 8日 (土) 18時39分

GW、塩尻エプソン近く例の車屋?、車窓から見ましたが、相変わらず変なクルマが並んでいる様でした。何時か行ってみたいものです。

投稿: gop | 2010年5月 9日 (日) 09時44分

今の常識から言うとS8でさえその装備は貧弱なんでしょうね。
 元S6オーナーですが見かけの派手さに似合わず硬派なクルマでとてもオネィチャンとドライブなんて出来る代物じゃ有りませんでした。
 概ね一度乗せると二度目は拒否でしたね・・・(涙)。
 特に夏場サイドウィンドを明けたままトラックを追い越しすると排気ガス爆弾の直撃を受け、煤煙と埃と汗で顔はグチャグチャですた。
 しかし!我が117と共にあの辛口小林さんが激賞した貴重な車両でもありますよね。

投稿: うんつく | 2010年5月 9日 (日) 22時00分

gopさん

あそこは線路沿いにも沢山置いていますので、目立ちますよね。

皆さんで、あそこにツアー、行きましょう。ギャラリー・アバルトの次に。

投稿: イノウエ | 2010年5月10日 (月) 00時05分

うんつくさん

S6にお乗りだったのですよね。

当時、ダンプとかトラックはオープンカーとかバイクを見るとワザっとやっていたようにも思います。

宗一郎さんが「硬派」を作らせたのだと思います。

投稿: イノウエ | 2010年5月10日 (月) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/48241158

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダS800:

« アルピーヌA110 | トップページ | セブン »