« アルファロメオの100年 ~クアドリフォリオ~ | トップページ | 成瀬さんのご冥福をお祈り致します »

2010年6月24日 (木)

アルファ ロメオの100年 ~レーシング・アルファ~

ニコラ・ロメオは、フィアットで働いていたヴィットリア・ヤーノをヘッド・ハンティングし1923年にアルファロメオに移籍する。この移籍に際して仲介していたのがエンツォ・フェラーリであった。

ヤーノは、レーシングカーと量産車に接点を見出した最初のエンジニアではないだろうか。当時レーシングカーと量産車は全く異なった製造方法であったが、ヤーノは基本的に同じ作り方で開発を行った。ベースとなる技術は、DOHC、半球燃焼室、スーパーチャージャーだ。これらは、当時レーシングカーしか用いられない技術で、ヤーノは量産車に搭載することほ実現した。

この時代に欠かせないドライバーにタツィオ・ヌボラーリの存在がある。フェラーリをして「最高のドライバー」と言わしめ、ミッレ・ミレア、ドイツGPで伝説の人となる。

「From Goodwood:元祖・深紅のスポーツカーの系譜 Alfa Romeoの100年を振り返る」は、こちら ↓↓
http://www.neostreet.co.jp/sportcar/p1/contents1007.htm#1007_01

0____1923
6C 1750 GRAN SPORT

0_____21928
6C 1500 SUPER SPORT

0_____1932
GRAN PREMIO TIPO B(P3)

 

 

 

|

« アルファロメオの100年 ~クアドリフォリオ~ | トップページ | 成瀬さんのご冥福をお祈り致します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/48689257

この記事へのトラックバック一覧です: アルファ ロメオの100年 ~レーシング・アルファ~:

« アルファロメオの100年 ~クアドリフォリオ~ | トップページ | 成瀬さんのご冥福をお祈り致します »