« 究極の選択 - ポルシェ | トップページ | 街角のギャラリー : 自動車の絵画 »

2010年8月12日 (木)

デ・トマソ ヴァレルンガ

7年間のレストア作業で蘇ったヴァレルンガ。
ヒストリックカー・ツアー2010でデビュー、その後、軽井沢を走り、東京コンクール・デレガンス2010に展示されました。

Img_1898   

0625_1042   

0625_1052   

0625_1116   

0625_1118    

0625_107   

0625_115   

0625_117    

  

  

  

  

photo : inoue、murakami

|

« 究極の選択 - ポルシェ | トップページ | 街角のギャラリー : 自動車の絵画 »

コメント

これを創っていたすぐ横で、117プロトも創られていたんですよねぇ。

投稿: gop | 2010年8月12日 (木) 05時08分

トム俣野さんがNAをデザインしていた頃に所有されてましたね.

CGの売買欄に一台出たことがありますが,売り主が知った人だったので驚いたことがあります.

投稿: akira isida | 2010年8月12日 (木) 05時35分

イノウエ様
この日のお台場の一番のサプライズでしたね。隣が○山さんの275でしたので、これもてっきりと思いましたが、やはり違う方だったんですね。

フィッソーレの傑作ですね。フィッソーレはこれ一台で十分でした。

投稿: 大内 誠 | 2010年8月12日 (木) 09時14分

バレルンガの生産台数は59台,もう少し多いかと思っていました.デザインはトレバー・フィオーレ.新車価格は350万リラ,当時だとアルファロメオTZが370万リラです.当時のレートだと日本円で300万円くらいでしょうか.

リアのテールランプはフィアット850のもの,お約束ですね.

投稿: akira isida | 2010年8月12日 (木) 17時16分

gopさん

そうなりますね。
古き良き時代となりますね。

投稿: イノウエ | 2010年8月13日 (金) 00時21分

isidaさん

情報ありがとうございます。

色々なドラマがありますね。しかし、少ない生産台数を考えると凄いことです。

価格もTZとぼぼ同じとは驚きました。


投稿: イノウエ | 2010年8月13日 (金) 00時25分

大内さん

最大のサプライズでした。
現役で走っている車は「生きている」ってオーラが出ていますね。息吹を感じました。


投稿: イノウエ | 2010年8月13日 (金) 00時32分

知人が持ってますが、今、バラバラ状態らしいんですが、どうなったんだろ???。
以前、オーナーからコメがあったように記憶しています。

赤のはどこかのカフェ?に展示してあるものと一緒でしょうか??。

投稿: クラッチ | 2010年8月16日 (月) 20時01分

クラッチさん

そのバラパラの車両、私の存じている方と同じかもしれません。

何処かのカフェ・・そうかも知れません。DMします。

投稿: イノウエ | 2010年8月17日 (火) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/49098811

この記事へのトラックバック一覧です: デ・トマソ ヴァレルンガ:

« 究極の選択 - ポルシェ | トップページ | 街角のギャラリー : 自動車の絵画 »