« ダイハツ 3輪 トラック | トップページ | ホンダS800クーペ »

2010年10月 3日 (日)

街角の車 : ダイハツ YRV

ストーリアをベースに開発されたYRV。
K3-VETエンジンは1.3リッター・ターボで140馬力。パワーウエイトレシオ6.7Kg/PS、残念だったのはMTが設定されなかったこと。  

Img_8823トヨタ版はスターレットと噂されたが登場はなかった。  

Img_8824   

|

« ダイハツ 3輪 トラック | トップページ | ホンダS800クーペ »

コメント

YRV使いやすそうなサイズなんですけどね.
L3765xW1625xH1535

長さと高さは初代デミオとほとんど一緒,幅はデミオは1670.

初代デミオが受けたのが「デザインし過ぎてない」ことなので,YRVはデザイン過剰に見られてしまったのかも知れません.

投稿: akira isida | 2010年10月 3日 (日) 06時57分

前のガラス位置とリアのガラス位置がズレていて、特にリア側のラインに違和感を感じた車でした。何と言うか、この車を見た時に、デザインはどこに行ったのと思うのです。

少なくとも初代ゴルフのようなコンパクトであっても筋の通った車の方が好きです。

投稿: リバー | 2010年10月 3日 (日) 19時49分

「ダブルウエッジ」のサイドウインドウが一癖あって一般ウケしませんでしたね。

軽自動車の世界では成功しているダイハツも、近年はトヨタOEMが主流になってしまいました。

投稿: 職人 | 2010年10月 3日 (日) 19時58分

イノウエ様
>私もこの窓の段差が、いやでした。同じパーツを使おうとした一種のeko なのでしょうが?。センスの問題です。しかし、ルノーが最近真似ていたので、驚きました。デザインが行き詰まっているんですよね。

投稿: 大内 誠 | 2010年10月 3日 (日) 23時01分

isidaさん

デミオのシンプルなデザインに対して、対照的なデザインはヨーロッパ向けを意識したようです。

国内では支持を得られなかったようですが、ヨーロッパではどうだったのでしょうね。

投稿: イノウエ | 2010年10月 4日 (月) 00時08分

リバーさん

ダイハツは、当時ヨーロッパ向けデザインとしたようです。受け入れられたかどうかは存じませんが。

投稿: イノウエ | 2010年10月 4日 (月) 00時19分

職人さん

パッソ/ブーンの頃かトヨタのベース作りが増えてきましたね。
ダイハツ色はもう出させないのかも知れませんね。

投稿: イノウエ | 2010年10月 4日 (月) 00時24分

大内さん

私もこのダブルウエッジには馴染めませでした。
当時、ヨーロッパを意識したデザインと言っていたので、ヨーロッパには受け入れる土壌があるのかも知れません。

投稿: イノウエ | 2010年10月 4日 (月) 00時28分

YRV。副業の同僚が乗っていて、いつも同じ駐車場におりました。
個人的にはエッジの立ったものフォルムをきっちりやったという印象です。
個人的には割合好きな形です。

かつて「新車情報」でこのクルマが取り上げられた際、ターボを褒めた三本さんが「何か秘密は」と訊ねると、「はい。鼻の頭の脂をちょいと擦り込みまして」なんて気の利いた会話があったのを思い出します。
その気の利いた答えをした方が、後にコペンのチーフとなったと記憶しております。

投稿: nan | 2010年10月 5日 (火) 01時06分

nonさん

YRV、
面白い会話ですね。
そういう気転の利いた回答で出来る方がいるのですね。
だから、コペンが出来たとも言えますね。

投稿: イノウエ | 2010年10月 5日 (火) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/49543562

この記事へのトラックバック一覧です: 街角の車 : ダイハツ YRV:

« ダイハツ 3輪 トラック | トップページ | ホンダS800クーペ »