« 戸田レーシング TR-FX01 | トップページ | 富士重工業 ボクサー スポーツカー アーキテクチャ »

2011年5月24日 (火)

マツダ SKYACTIV-G 1.3

内燃機関に拘るマツダ。
デミオに搭載されるスカイアクティブG 1.3のカットモデルが公開されました。
震災の影響でデミオのマイナーチェンジの発表が遅れていますが、
内燃機関に拘る筆者はマツダのアプローチにとても興味を持っています。

2009年東京モーターショー ↓↓
http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2009/11/post-20a3.html

Img_8689   

Img_8692   

Img_8688   

|

« 戸田レーシング TR-FX01 | トップページ | 富士重工業 ボクサー スポーツカー アーキテクチャ »

コメント

お早う御座います。
今のルマン、ディーゼルでもハイブリッドでもガソリンでも何でもいいのですが、
なんでもありの中、1番効率の良いのが総合優勝出来るというレギュレーションになれば、また面白いんじゃないかと思っています。

投稿: シンちゃん | 2011年5月24日 (火) 08時59分

以前カペラ・ディーゼルで使っていた、
フェラーリF1直系の(?)
コンプレックス・チャージャー
個人的に非常に興味あったのですが
何か問題があったのでしょうか、やめてしまいましたねえ。

投稿: きむら | 2011年5月24日 (火) 09時49分

シンちゃん

そういうレギュレーションも面白いですね。
ルマンのオーガナイザーも色々と考えていると思いますよ。

投稿: イノウエ | 2011年5月24日 (火) 12時57分

きむらさん

PWSを最初に使ったのがオペル。次にフェラーリとマツダです。

PWSは、メンテナンスが必要な機構でメンテナンスフリーに慣れたユーザーの不注意でトラブルが増え後継のクロノスで終わりました。
フェラーリは実践投入していなかったと思います。

投稿: イノウエ | 2011年5月24日 (火) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/51740149

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ SKYACTIV-G 1.3:

« 戸田レーシング TR-FX01 | トップページ | 富士重工業 ボクサー スポーツカー アーキテクチャ »