« マツダ787B 再びルマンへ / 20年周年のパレード | トップページ | マツダ SKYACTIV-G 1.3 »

2011年5月23日 (月)

戸田レーシング TR-FX01

戸田レーシング 創立40周年。
車を作るという夢を追い続け、遂にエンジンを作り上げた。

戸田レーシングは、1971年シャーシーコンストラクターとして起業、エンジンチューナーとしてFJ、F4、F3、ジムカーナ、GT300で大活躍。
戸田レーシングのF3チームで育った、ロス・チーバー、中野信治、高村一明、脇坂寿一、立川祐路、加藤寛規、伊東大輔、荒 聖治はトップドライバーに成長しています。

Img_8728プロトタイプ
TR-FX01
1998cc 280ps
量産モデル
TR-FX02 

|

« マツダ787B 再びルマンへ / 20年周年のパレード | トップページ | マツダ SKYACTIV-G 1.3 »

コメント

戸田レーシングさんは10年ほど前、日産ベースだったかオリジナルヘッドをやっていたように記憶していますが、あきらめてなかったんですね。日本のレース産業のために非常によいことだと思います!

投稿: きむら | 2011年5月23日 (月) 09時20分

このエンジンは全く知りませんでした。
 ブロック流用でヘッドがオリジナルとなると消防ポンプのコベントリーにフォードブロックのコスワース?日本だと日産のL型ブロックにOS技研のヘッド等前例は数多に?ヤマハ&トヨタは有名ですが?

ブロックもオリジナルとなると量産メーカーを除くと??
 興味深々です。

投稿: うんつく | 2011年5月23日 (月) 21時49分

きむらさん

このエンジンは全て戸田オリジナルです。
日本のレースのためにとても良いと思います。FJCのエンジンとなって欲しいです。

投稿: イノウエ | 2011年5月23日 (月) 22時45分

うんつくさん

戸田オリジナルです。どのメーカーからも支援を受けていないそうです。
ブロックもフレームとして使える設計をしてます。また、ウォーターポンプとオイルポンプも内蔵されています。

プロトタイプは削りだし、凄いですよね。
量産用は型を作っているそうです。

OS技研も岡山、戸田レーシングも岡山、偶然じゃないような気もします。
岡山国際、中山、少しいけばセントラルとサーキットもあるからテストも容易なのかな。

投稿: イノウエ | 2011年5月23日 (月) 22時55分

ブロック新製はすごい!

やはり10年ほど前
F3用3Sエンジンを傾けて搭載し、
低重心化と
エアボックスの移動による空力の向上
を狙ったプロジェクトに関わっていたことがあります。
アレはアイデアはよかったのですが
主に車体の方の問題でうまくいきませんでした。

投稿: きむら | 2011年5月24日 (火) 07時57分

きむらさん

F4、F3を作るとき汎用のブロック(補助部品の取り付け位置含む)だと取り付けを工夫しても限界があり、フレームとして使えるブロックを設計したそうです。

投稿: イノウエ | 2011年5月24日 (火) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/51740543

この記事へのトラックバック一覧です: 戸田レーシング TR-FX01:

« マツダ787B 再びルマンへ / 20年周年のパレード | トップページ | マツダ SKYACTIV-G 1.3 »