« 街角の車 :アンフィニィ RX-7 (FD3S) | トップページ | 街角の車 : ミツオカ ZERO-1 »

2011年5月 9日 (月)

街角の車 : スバル360

スバル360のある風景

Img_8422極上ではなく年相応の外観の360、生活観ある車両が好きです。

|

« 街角の車 :アンフィニィ RX-7 (FD3S) | トップページ | 街角の車 : ミツオカ ZERO-1 »

コメント

>生活観ある車両が好きです。
 御意ですね、「全部有名ショップに頼んで貴重な純正部品全部注ぎ込んで???万円かけて新車以上の仕上がりで・・」よりもオーナーと共に長年道を歩み、上手に歳を重ねたクルマこそ貴重では無いのかな?と思うです。
 とは言えアホなオーナーの手で無謀にもバラバラにされるクルマも可愛そうかな?とは思いますが(自重しなきゃ)。

投稿: うんつく | 2011年5月 9日 (月) 22時13分

うんつくさん

イギリスって年式相応のレストアするのですが日本人には合わないようですね。

1/1のプラモデルですから良いと思いますよ。blogは楽しく見ています。


投稿: イノウエ | 2011年5月10日 (火) 01時07分

クルマがでは無くて、そのオーナーが貴重なのだと思います。大量生産されたクルマなんて貴重でも何でも無いですよ(笑)スバルもいよいよ軽撤退ですねぇ。

投稿: gop | 2011年5月10日 (火) 06時21分

ワーゲンならば、あれは普通に「古い車」と言う感覚で見られるので大丈夫なんですけど、
このスバルは最早「イセッタ」と大差ないモノに見えてしまいます。(笑)

投稿: 117おやじ | 2011年5月10日 (火) 22時57分

gopさん

おっしゃる通り「オーナー」ですね。

大量生産された車両でも「普通」のモデルは「普通」にスクラップされます。
特別な仕様の大量生産モデルは生産台が数少なくても現存していますね。

このスバルは「普通」のモデルです。


投稿: イノウエ | 2011年5月11日 (水) 00時35分

117おやじさん

はい、日本製バブルカーです。
テントウムシはカブトムシにはなれなかったですね。

投稿: イノウエ | 2011年5月11日 (水) 00時42分

ワーゲンならば・・・「大丈夫」の「大丈夫」という言葉の意味するところがわかりません。
テントウムシは無論、カブトムシにはなれませんが、カブトムシもテントウムシにはなれません。お互い、なろうとも思わないでしょうが。
大量生産されたか、少量生産あるいは手作りであるかなどで、貴重かどうかを判断すると言うのも1つの尺度なのでしょうが、クルマが好きな人としては、寂しい尺度に思われます。

投稿: k-corse | 2011年5月12日 (木) 01時06分

誤解を生む様な書き方ですいません。最近古いクルマを見ても、クルマより乗ってる(持ってる)方はどんな方なのか、そちらの方に興味が移りました。歳取り過ぎたせいでしょうかね?

投稿: gop | 2011年5月12日 (木) 08時19分

gopさん

ぼくはgopさんの書いた気持ちもわからないわけではありません。でもk-corseさんの書いたように、生産台数や販売台数で(多くても少なくても)そのクルマを評価してもらいたくないのです。

>クルマより乗ってる(持ってる)方はどんな方なのか

はい。こんなヤツが乗っています。...って文字じゃあ無理ですね。
お近くでしたら今週末の14日(土)、こんな催しがありますので、いらっしゃいませんか?


「Sakura Auto History Forum」
千葉県佐倉市 DIC川村記念美術館 
住所:千葉県佐倉市坂戸631番地

http://kawamura-museum.dic.co.jp/news/20110426_1.html

投稿: てんとうむし | 2011年5月12日 (木) 09時39分

117おやじさん

>このスバルは最早「イセッタ」と大差ないモノに見えてしまいます。(笑)

“大差ないモノ” とは、どういう意味なのでしょうか。イセッタは、戦後のBMW社の礎(いしずえ)をつくったクルマです。イセッタやスバル360があったから、現在のBMWやスバルがあるのではないでしょうか。イセッタをどうお思いなのか、ぼくにはわかりませんがこの文章からは、あまり良い受け取りかたは出来ません。

117クーペを「シャシーが前時代的でカッコだけのクルマ」と言われたら117おやじさんだって心外でしょう。ぼくはそうは思いません。いすゞが心血を注いで作った日本車の良心とさえ思っています。

いすゞは60年代にスバルと合併を画策したことがあります。80年代にはスバルとの合弁で(Subaru-Isuzu Automotive)アメリカに生産工場を持ちました。
双方に車種で補完できる良い関係になるはずでしたが、そのどちらもうまくいきませんでした。共同開発(したといわれる)車もエルフ・マイパックだけでした。117クーペをデザインしたジウジアーロが、のちにアルシオーネSVXに関わったことも何かの縁なのかも知れません。今では縁も何もありませんが。

投稿: てんとうむし | 2011年5月12日 (木) 10時32分

イノウエさん

>はい、日本製バブルカーです。

バブルカーというジャンルがあるのは事実ですが、その“日本製バブルカー”にはキャロルもR360もN360も含めるのですか。小杉二郎さんや本田宗一郎さんが聞いたらゲンコツが飛んできますよ。

それらと同様にスバル360を “日本製バブルカー” というのは間違いです。
自分の知識にないことなのに断定する言い方はいけません。バブルカーとは、第二次世界大戦後、おもにヨーロッパで庶民の足になった比較的安価なクルマです。生産台数や販売台数でこそそれらには到底かないませんが,
どちらかというとスバル360はビートルや2CVやチンクエチェントに近い考え方で開発されたクルマです。

それこそ泡のように現れては消えていってしまったバブルカーという、簡便さを一番のメリットとして生まれたクルマたちにも、とても愛(いと)おしい思いがあります。そして、そのバブルカーを教材にして、もっともっと素晴らしいものを作ろうとした技術者の開発した軽自動車群が、日本の50年代60年代70年代を支えたのです。

決めつけるのはいけないのですが、イノウエさんにも心のどこかに軽自動車に偏見があるのではないでしょうか。

>極上ではなく年相応の外観の360、生活観ある車両が好きです。

というのには共感できるのですが、どうもその後に書いたコメントはいただけません。

この日、ほかにご用がなければ、どうぞおいでください。

「Sakura Auto History Forum」
千葉県佐倉市 DIC川村記念美術館 
住所:千葉県佐倉市坂戸631番地
http://kawamura-museum.dic.co.jp/news/20110426_1.html

投稿: てんとうむし | 2011年5月12日 (木) 11時02分

イノウエさん

“偏見”と書いたのは言い過ぎでしたね。謝ります。
同様に117クーペにもまったく偏見はありません。キツい言い方を書いてしまいましたが、明確に否定していますので、この部分を読まれる多くのかたもお間違えありませんように。


イノウエさんが言った、現代の若い人たちには昔の軽自動車を“日本のバブルカー”と見られているというのも心情的には理解出来ます。でも、ぼくの書いたバブルカーの定義、事実は事実なのですから、長い文章になってしまいましたが、ゆっくり読んでもらいたいと思っています。


うんつくさん へ

たいへん共鳴いたしました。

 ♪ボロは着てても心は錦〜

うちのも、うちに来て今年で32年。再々々々塗装も、だいぶくたびれて来ましたが、元気で走りまわっていますよ。

「Sakura Auto History Forum」
いかがでしょうか? これに限らず、どこかでお会い出来ればと思います。

投稿: てんとうむし | 2011年5月12日 (木) 11時52分

私も、既に半世紀以上生きている人間です。ですから、自分が生まれた頃に生産された車を見ると、生産台数に関係なく、懐かしさだけでなく、ある種の敬意すら感じます。古い車のイベントに行くと、興味が尽きません。大量生産された車であろうと、数台しか生産されなかった車であろうと。
gopさんがおっしゃるように、まさに「オーナー」も大事だし、興味があります。

117クーペの話とテントウムシの話が出ていますね。私は、どちらも大好きですし、旧車イベントで見れば、どちらも同じように見入ってしまいます。と同時に、オーナーの思い入れも感じます。
オーナーにとっては、それぞれの車に対する思いの深さは、生産台数や価格の差ではないと思ってきていました。
車の違いにかかわらず、お互いが共有、共感できる価値観、感情があるのだと、ここを読むまでは思いこんでいたのです。

私は、日本で一番売れているスズキの軽自動車に14年間乗り続けています。まだ旧車と呼ばれるほど古くない。実際に街でもよく見るし、日本で一番ありふれている車には間違いない。他に所有している数台も、まあありふれている車種です。でも、私にとっては単なる道具ではない。ここの皆さんは、そういう気持ちを共有できる、理解してもらえる方たちだと思っていました。

これにて、私のコメントは最後とさせていただきます。

投稿: k-corse | 2011年5月12日 (木) 12時08分

K-corseさん、言葉足らずで申し訳有りません。こちらのブログタイトルにもある様、モノ以前に「ひと」ありき。そんな事を言いたかっただけです。
てんとうむしさん、クルマは太田作品やN.L.で拝見しておるのですが。残念ながら土曜は所用で伺えません(ちなみにスバル360ラベルにんじん焼酎、再販される由)
イノウエさん始め上に出て来た方々とは時折飲んでは激論?を交わしておりますので、お二人とも機会があれば何処かの居酒屋でじっくりお話し出来ればと。ブログ以前に「飲み会」ありき(笑)

投稿: gop | 2011年5月12日 (木) 17時47分

K-corseさん、それからてんとうむしさん、
私のコメントで気分を害されたのでしたらお詫び申し上げます。

ヨソさまのブログ上で論争するのは家主の方に対し大変失礼な事になると思いますので、以降は直接メールにてご意見頂ければと思います。
http://pa90117.cocolog-nifty.com/about.html
向こう一週間かなり多忙な予定ですができるかぎり返答させて頂きたいと思っておりますので宜しくお願い致します。

投稿: 117おやじ | 2011年5月12日 (木) 21時33分

k-corse さん
てんとうむしさん

誤解を招くコメント、申し訳ありませんお詫び申し上げます。

私の最初の車は1973年式のフロンテクーペ、3年落ちで購入しました。
そのあと数台軽四を乗り、最後はキャロル・キャンパストップ、7年前になくなく手放しました。理由は長男が180cmを超える身長で、足も大きくアクセルとクラッチが踏み辛く危険なためでした。

117クーペは量産丸目初期型に乗っていました。

>>テントウムシはカブトムシにはなれなかったですね。

ドイツは、ヒットラーの国民車構想にポルシェ博士が作り上げたのがビートル(カブトムシ)。日本は、規格を作って民間に委ねた経緯があります。
ヒットラーのリーダシップとそれを成し遂げたポルシェ博士に凄さ脅威を感じ、尊敬に値すると思っていました。

スバル360は中島飛行機がつくり上げた素晴らしい車だと思っています。


>日本製バブルカー

乗用車の黎明期にどう方向性を見出すのか。後期バブルカーというカテゴリーの代表な一台がBMW600。この中の一台に「ロイトLP400」があります。
その「ロイトLP400」がスズキ・スズライト、スバル・360、ホンダに与えた影響は多大なものでした。それは、各社がベンチマークとして研究した車であることで一目瞭然です。

後期バブルカーと日本の軽が同一時代なので日本のバブルカーという言葉を使い誤解を招き誠に申し訳ありません。

バブルカー、イセツタ、BMWのことを記載したblog
http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2008/12/post-d7f1.html

http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2010/12/post-c92f.html

http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2010/12/post-7f33.html

のりたまこさんのイセッタ300
http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2009/07/post-91ab.html

ビートル

http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2010/10/post-c775.html

http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2010/10/post-89ee.html

てんとう虫とカプトムシ
http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2009/06/post-03b8.html

今後とも宜しくお願い致します。


投稿: イノウエ | 2011年5月12日 (木) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/51583872

この記事へのトラックバック一覧です: 街角の車 : スバル360:

« 街角の車 :アンフィニィ RX-7 (FD3S) | トップページ | 街角の車 : ミツオカ ZERO-1 »