« 2011 ルマン24HR 接戦をアウディが制す | トップページ | 街角の車 : スカイライン R34 GT-t »

2011年6月14日 (火)

街角の車 : スカイライン R33GT-R

R32より一回り大きくなったR33。
東京モーターショーでプロトタイプが公開され、翌年の東京オートサロンでデビューした。

Img_9186R33には、ルマン参戦用として一台製造されたLMが存在する、イギリスで登録されたが市販されることはなかった。

|

« 2011 ルマン24HR 接戦をアウディが制す | トップページ | 街角の車 : スカイライン R34 GT-t »

コメント

その昔
大森ニスモ前に斜めに吊ってありました。
あのクルマ、思えば
「ストリートカー改造GT」の終焉
でもありました。

投稿: きむら | 2011年6月14日 (火) 07時27分

この車、皮肉にもモーターショーで参考出品されると、前の方(R32)が持ち直し売れ出したと記憶しています。
F50に対するF40みたいなもので。
ただ、このモデルがベースでルマンものも出来たし、90年代半ばの一時スポーツカーレースが帰って来ると思わせた頃、1つの日産の解答でした。

今回のル・マン“復帰戦”でクラスワンツーだったので、
その先を期待したいです。

投稿: シンちゃん | 2011年6月14日 (火) 10時29分

もう一世代 R34GT-Rがありますが,このR33の大人っぽい佇まいも悪くないです.

やはりスカイラインGTは村山工場製でないと.スーパーカブは鈴鹿工場製でないとっていうのに似ている(笑).

投稿: akira isida | 2011年6月14日 (火) 21時18分

きむらさん


>>「ストリートカー改造GT」の終焉

R34GT-Rはどの位置づけとなるのか、明確な答えが出来なくなりました。

投稿: イノウエ | 2011年6月14日 (火) 21時51分

シンちゃん

ルマン LMP2でクラス1-2、良かったです。次を期待しちゃいますね。

33は落ちついた雰囲気で好きでした。

大きいボディを嫌って32が逆に売れちっゃたんですよね。そして34へのモデルチェンジで一回り小さくなりました。

投稿: イノウエ | 2011年6月14日 (火) 21時59分

isidaさん

33の雰囲気良いですね。

32-33-34と同様の流れはシルビアにもありましたね。

ベースがV35スカイライン
栃木工場製は別もののGT-R
フェアレディもS30の流れと決別
これも時代なんですね。

投稿: イノウエ | 2011年6月14日 (火) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/51926850

この記事へのトラックバック一覧です: 街角の車 : スカイライン R33GT-R:

« 2011 ルマン24HR 接戦をアウディが制す | トップページ | 街角の車 : スカイライン R34 GT-t »