« 街角の車 : コンパクト ちょっと似た風景/スマート・IQ・500・カプチーノ | トップページ | 天才タマゴ + スーパーチャージャー »

2011年6月19日 (日)

ジョニー・ハーバート / 20年ぶりのポディウム 2011 ルマン24HR

ポディウムから 「ジョニーが来たなら 伝えてよ 20年待ってたと」伝えられていたのでしょうか。

2011年のルマン24時間レースの決勝がスタートする前に、ジョニー・ハーバートによる787Bのデモランがあった。その走りは「本気走り」。
そして、デモラン後に「20年ぶりのポディウムをプレゼントする」というサプライズがあった。ジョニー・ハーバートのルマンが終わり、マツダの1991年のルマンは幕を閉じた。

ジョニー・ハーバート 20年ぶりのサルテサーキット
http://www.youtube.com/user/MazdaOfficial#p/u/3/vqQEAfPnhio

Img_97381991 ルマン
V.ヴァイドラー
B.ガショー

Img_97412011 ルマン
J.ハーバート

Img_0887大橋さん

Img_0889ポール・フレールさん

空の上から見守って、喜んで下さったと思います。

  

  

出展:マツダ・POLE POSITION/広報ビデオ、カーグラフィック

|

« 街角の車 : コンパクト ちょっと似た風景/スマート・IQ・500・カプチーノ | トップページ | 天才タマゴ + スーパーチャージャー »

コメント

この雄姿を大橋さんに見せたかったですね.
きっと空の上から見ていたと思います.

投稿: akira isida | 2011年6月19日 (日) 06時16分

isidaさん

大橋さんに見て頂きたかったです。
ポール・フレールさんにも喜んで頂きたかったです。

きっと、お二人とも空の上から見守ってくださったと思います。


投稿: イノウエ | 2011年6月19日 (日) 13時35分

イノウエ様
>J.ハーバートも嬉しそうですね。やはりシフトポイントのあるミッションは良いですね。レーシングロータリーの良い音には、身震いしますね。しかし、MAZDAは素敵な事をしますね。

>この時のスポンサーのRENOWNは、今や中国資本になってしまいました。時代の流れとは言え、何ともですね。

>またレーシングシーンに戻って来て欲しいですね。

投稿: 大内 誠 | 2011年6月19日 (日) 17時00分

今でも十分に速い速度が出ていますね。

もう一度ロータリーを走らせてやりたいものです。当時、ロータリーが台頭してきていて、いずれ優勝すると言われていました。それで以って出場規制が掛かったと聞いています。
残念なことです。

投稿: リバー | 2011年6月19日 (日) 17時56分

80年年代後半、ルマン後決まって“11PM”でマツダのルマン挑戦を特集し、夜更かしして見ていた際、
最後にホストが決まってマツダはルマンに勝てるのか?とリップサービスみたいな振りをしていて、
当時は962やXJRが全盛だった為、永遠に無理かもしれないと思っていた高校時、
まさか、しかもロータリー・日本車初の総合優勝するとは、夢にも思いませんでした。
今アウディとロータリーの提携の話があるとか外電を目にし、
アメリカの排ガス規制でホンダが世界最初だったみたく
新たな可能性をロータリーで見出してほしいです。

投稿: シンちゃん | 2011年6月19日 (日) 20時25分

画像を見つけられませんが、デモラン終了してマシンから降りたとき、20年前に表彰台へ登れなかった原因である脱水症状で倒れた場面も再現してくれたとか(^_^;)。
リクエスト無しのサプライズだったそうですが、ジョニーらしい洒落っ気ですね。
(彼はこのレース期間中、EUROSPORTのコメンテーターを努め、番組内のちょっとお笑い入りコーナーも担当していたようなので、そちらへのサービスだったのかも知れませんが(^_^;)

しかし、更にその後、表彰台へ登るというのは、彼自身は予想していなかったので、感激していたそうですね。

投稿: nan | 2011年6月19日 (日) 23時16分

大内さん

J.ハーバート、とても嬉しそうですね。
91年、観衆が入って来てラストランが出来なかったので、20年ぶりのラストムランでもあるのですね。
当時を思い出しながら走っていたのでしょう。

アメリカマツダは頑張っていて、次戦のアメリカンルマンからLMP2マシンが2台体制となり残りのシーズンを走るそうです。

投稿: イノウエ | 2011年6月20日 (月) 00時36分

リバーさん

90年のアウディの距離を超えての優勝ですから速いマシンには違いないですね。
今回のデモランで55号車のエンジンオーバーホールとは別に予備のエンジンを組んで2機体制でルマンに臨んだそうです。

FIAのF1とCカーのエンジン共通レギュレーションですね。
優勝は、大橋さんの力、マネジメント力です、凄い方でした。(日経からマネージメントのビジネス本も執筆されていました)
不利な条件を有利に変え、ジャッキー・イクスを参謀に入れ勝ちに行って勝ちましたね。

投稿: イノウエ | 2011年6月20日 (月) 00時45分

シンちゃん

私はルマンの翌日、月曜日の朝にマツダオート東京に電話して結果を聞いていました。

アウディのハイブリッド、発電用エンジンがロータリーです。ロータリーエンジンって発電用エンジンとしても良いのですよ。
その方式でマツダも公道走らせています。

次世代のロータリー開発中ですね、これでルマンを走って欲しいです。

投稿: イノウエ | 2011年6月20日 (月) 00時50分

nonさん

私も動画を探したのですが、見つけられませんでした。
静止画は見つけたのですが・・。

1周のウォームアップ、2周目にはトップスピードで走るハーバートって凄いですね。

ハーパートは、ラストランと表彰台と20年前に出来なかったことが出来ました。20年越しのルマンでしたね。

投稿: イノウエ | 2011年6月20日 (月) 00時55分

787Bを見るだけで目がウルウルしちゃうアホなワタシです。
 WWⅡで被災した田舎(失礼)の三輪自動車メーカーが事実上の独自技術で世界を制するだけでもう充分なドラマですよね。
 更にその車両でジョニーハーバートがドライブなんてもう夢の様な話しです。
 暇と金が有れば是非生で拝見したかったです。

投稿: うんつく | 2011年6月20日 (月) 20時36分

うんつくさん

感動です。

デモランでもちゃんと踏んでくれるJ.ハーバードに感謝です。
主催者が想定した2周の時間だと時間が余っちゃったそうです。
無いものねだりで、もう一周してくれても良かったのに。と思っちゃいました。

投稿: イノウエ | 2011年6月21日 (火) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/51980759

この記事へのトラックバック一覧です: ジョニー・ハーバート / 20年ぶりのポディウム 2011 ルマン24HR:

« 街角の車 : コンパクト ちょっと似た風景/スマート・IQ・500・カプチーノ | トップページ | 天才タマゴ + スーパーチャージャー »