« ルマンのマツダ | トップページ | 2011 ルマン24HR 接戦をアウディが制す »

2011年6月12日 (日)

2011 ルマン24HR 波乱の幕開け

2011年ルマン24時間レースが始まりました。
一時間が経過したところでアウディ3号車がクラッシュ。
「観客席まで飛んだ」と最悪のシーンが脳裏を過ぎりましたが、バリアで止まり一安心。
ドライバーも無事でよかったです。
ということで、今年のルマンは波乱の幕開けとなりました。

アウディ3号車 クラッシュシーン
http://www.youtube.com/watch?v=im6qv0IIrJg&feature=player_embedded

Img_9598430は後ろを見ていない? 

Img_9593救出作業中。  

Img_9602_2無事です、
安心しました。  

 

    

|

« ルマンのマツダ | トップページ | 2011 ルマン24HR 接戦をアウディが制す »

コメント

オフィシャルやプレスの方達に怪我が無かったのが幸いでした.

カナダGPの予選も終わってLe Mans見てます.もう21:00近いのに,サルテサーキットはまだ明るいです.

投稿: akira isida | 2011年6月12日 (日) 03時46分

おはようございます。
少々スレ違いですが787BはCGTVにも出てたんですね、恐るべし。
http://www.youtube.com/watch?v=PPQKPOuVLdc&feature=related

しかもポールフレールさん迄。

投稿: うんつく | 2011年6月12日 (日) 05時27分

車格の違いが分かっていないようですね。
ダンロップからの進入速度が明らかに違いますから、譲るべきです。この場面だけではなく、走っていればそれは分かっている筈です。
おまけに踏むか踏まないかのブレーキランプが点滅しています。

しかし、今時の車体は安全に作られていますね。市販車ですと形が残っていないでしょう。

投稿: リバー | 2011年6月12日 (日) 08時49分

http://www.audi-microsites.com/lemans/

ライブで見れます。余りにも違いすぎます。
ダンロップゲートからのカーブは200kmを超えています。
オンボードで見ていますと、フェラーリやアストンなどの市販車は明らかに障害となっています。

R18を抜いていく車はいません。

ディーゼルですからエンジンの回転数は4000~4500です。これですと、エンジンは破れない筈です。

投稿: リバー | 2011年6月12日 (日) 09時11分

isidaさん

アウディは1号車と2号車を追い抜きでクラッシュし失っていますね。
ドライバーもオフィシャルもプレスも怪我無くてよかったです。

現在(16時)でアウディがトップ、同一ラップにプジョー2台、1ラップにプジョーという展開。白熱した戦いとなっていますね。

中野選手が総合12位、LMP2 4位を走っています。LMP2は1-2位ニッサン、3位ホンダと日本勢が頑張っています。
トヨタは総合7位を走っています。

頑張って、日本勢が上位に入って欲しいと願っています。

F1、カムイ選手は苦戦しながら予選13位、決勝ではポイント圏内でゴールして欲しいです。

投稿: イノウエ | 2011年6月12日 (日) 16時09分

うんつくさん

田辺さんのドライブですね。
ポール・フレールさんはマツダの車作りを手伝っていましたから。
ズーム・ズームの宣伝の前からズーム・ズームしていたのはポール・フレールさんのお陰と思います。

余談ですが、
マツダはポール・フレールさんの誕生日にポールリカールでフランスに置いていた787Bをドライブして頂いています。

投稿: イノウエ | 2011年6月12日 (日) 16時14分

リバーさん

情報ありがとうございます。

おっしゃる通り、
複数のカテゴリーが走っていますから、遅いカテゴリーの車は置かれた状況を理解して走る必要がありますね。

ドライバーにもオフィシャルにもプレスにも怪我がなく良かったです。

投稿: イノウエ | 2011年6月12日 (日) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/51918716

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 ルマン24HR 波乱の幕開け:

« ルマンのマツダ | トップページ | 2011 ルマン24HR 接戦をアウディが制す »