« 街角の車 : ポルシェ944 | トップページ | 街角の車 : IDING M3-S3 V2/LIMITED »

2011年7月 5日 (火)

街角の車 : BMW840Ci

BMW840Ci

BMW850、V12エンジンを搭載して1990年に登場、1994年にV8エンジンのBMW840となり1999年に生産を終えた。

Img_9685_2Bピラーを持たないハードトップスタイルのクーペ。

|

« 街角の車 : ポルシェ944 | トップページ | 街角の車 : IDING M3-S3 V2/LIMITED »

コメント

M1のフロントマスクに似せたのに商業上はパッとしませんでしたね。
特にV12の熱対策が日本では必要だったのではないでしょうか。
本国のドイツでは走りっぱなしですから問題なかったのでしょう。

それと室内のダッシュボードやハンドルの質感はどうにか工夫できなかったのか残念です。

投稿: リバー | 2011年7月 6日 (水) 20時10分

リバーさん


おっしゃる通りです。
中途半端なM1似のピラーレスクーペとしたことが売れない原因のひとつだったかも知れませんせんね。

熱対策、日本は特別のようですね。
都内でベンツとかBMなどのテスト車両を目撃します。
先日も、日本橋三越前をBMのあの模様の車が走っていました。
誰も気づいていないのが不思議でした。

投稿: イノウエ | 2011年7月 7日 (木) 01時10分

 はじめまして、先日、検索で本ブログにたどりつき一気に読ませていただきましたKと申します。
 至らない初コメントですがご容赦を。
 840の不振の原因はお二方のおっしゃる通りかと思います。輸入開始直後の試乗時に感じたのは「日本車の悪い所をまねちゃったかな?」でした。
 ピラーレスは事前に分かっていましたが、着座して最初に内装の質感に驚き、とどめは電動シート調整でした。
 欧州車は座面と背面が共に上下するので腰回りのサポートが良好なままですが、840はあの価格とクラスでありながら座面だけが上下するランバーサポートが狂いまくる当時の日本車式でした。(いつもながら、車雑誌はこの欠点に触れていませんでしたが)
 私の周囲では誰もが敬遠したことを思い出します。欧州が自信を少し失い、未熟な点はあれど日本に勢いがあった時代故の珍事かと思います。
 長文失礼致しました。

投稿: K | 2012年3月11日 (日) 15時12分

Kさん

備忘録ブログをご覧頂きありがとうございます。内容が薄くて申し訳ございません。
 
M1は、お世話になっている方が所有されています。
その影響もあり840/850は好きなんです。

今後とも宜しくお願い致します。

投稿: イノウエ | 2012年3月11日 (日) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/52111537

この記事へのトラックバック一覧です: 街角の車 : BMW840Ci:

« 街角の車 : ポルシェ944 | トップページ | 街角の車 : IDING M3-S3 V2/LIMITED »