« 街角のバイク : スズキ バンバン | トップページ | 街角の車:フェラーリ 365GTB/4 デイトナ »

2011年7月25日 (月)

ジウジアーロの初代ルーチェ プロトタイプ S8P

ジウジアーロデザインの初代ルーチェ プロトタイプ S8Pが広島市交通科学館で公開されました。
24日は、前田デザイン本部長、中山チーフデザイナー、元デザイン本部長 福田さん、S8Pのレストアを担当された栃林さんのデザイントークショーも開催されました。

Img_0843_2ベルトーネ在籍時代のジウジアーロがデザインを担当

Img_0741搭載されているエンジンは400cc、2ローターのロータリーエンジン

Img_0747_2ウッドのインパネは当時の輝きを維持、ハンドルはアルファ105系を流用

Img_0760 トランクは広く、左がガソリンタンク、右がスペアタイヤ

Img_0830ジウジアーロデザインのロータリーのシンボルマーク

Img_0838S8P、RX87、ルーチェを重ね合わせた貴重線図

Img_0825_2RX87
ルーチェロータリークーペ

Img_0764同時期にジウジアーロがデザインした「いすゞ117クーペ」

 

|

« 街角のバイク : スズキ バンバン | トップページ | 街角の車:フェラーリ 365GTB/4 デイトナ »

コメント

早速の更新ありがとうございます。
CG誌のマツダ特集もかなり大反響だったとか。

投稿: 職人 | 2011年7月25日 (月) 01時02分

遠路の取材,お疲れさまでした.この線図は福田さんが新規に描かれたものだそうですね.

RX87はイタリアン・デザインに負けない綺麗なクーペだと思います.

ここの前田さんのインタビューが読みたくて,有料会員登録をしてしまいました.
http://www.cardesignnews.com/site/home/

投稿: akira isida | 2011年7月25日 (月) 20時22分

職人さん

行ってきました。
会場は座席100名に198名と凄い聴衆、館内のモニター設備の前を入れると大変な数で大盛況でした。

オリジナルを生かすレストアでとても良かったです。
アルファも2600の部品が多く使われていましたよ。

投稿: イノウエ | 2011年7月25日 (月) 23時37分

isidaさん

午前はマツダ・ミュージアム、午後に広島市交通科学館という行動でした。

トークショーの後、福田さん、前田さんとS8P、RX87、117クーペを見ていました。
前田さんの「クレイじゃなく鉄板を感じる」という言葉が印象的でした。


トークショー、デザイナーは小杉さんから前田さん、中山さんまで登場、スポツーカーが中心でした。福田さんがRX500、サバンナを中心に、前田さんがシナリ、キャノピーのDNAのことを中心にお話されました。CX-5は中山さんが担当され、チータの飛び出す瞬間をイメージしたデザインされたとのことです。


お父さんも聴衆されたいたとのことで歴代3名のデザイン本部長が会場にいらっしゃいました。

英語が得意じゃないので会員となっても理解出来ないです(^^;

投稿: イノウエ | 2011年7月25日 (月) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/52296569

この記事へのトラックバック一覧です: ジウジアーロの初代ルーチェ プロトタイプ S8P:

« 街角のバイク : スズキ バンバン | トップページ | 街角の車:フェラーリ 365GTB/4 デイトナ »