« ハローキティ オープンバス | トップページ | 街角の車 : ユーノス ロードスター »

2011年7月12日 (火)

街角の車 : オースティン ヒーレー スプライト

BMCとして最初のモノコックボディの通称「カニ目」。

Img_0100モーリスマイナーなどの部品を流用して搭載されています。

|

« ハローキティ オープンバス | トップページ | 街角の車 : ユーノス ロードスター »

コメント

乗ったことはありませんが・・・
モノコック構造なのに
(だから剛性面を考慮してトランクリッドがない、と認識してます)

このフロント開口部の大きさはいかがなものか、と思ってます。

前後の剛性のアンバランスは感じられるのではないでしょうか?

投稿: きむら | 2011年7月12日 (火) 12時35分

飛ばすのはキライですが、
人間的に振り回しやすそうな「程よい」大きさのようですね。人とのバランスが良いように思います。
奥のアパート前にピアッツァが居るようですね。
もの凄いレア写真ですね!(笑)。

投稿: GON | 2011年7月12日 (火) 16時58分

きむらさん

ジャガーと同じと単純に考えていました。
私も試乗したことがないので剛性は分かりません。

投稿: イノウエ | 2011年7月13日 (水) 00時59分

GONさん

丁度良い大きさですね。
最近の車は大きくなりすぎました。

>奥のアパート前にピアッツァが居るようですね。
>もの凄いレア写真ですね!

はい、私も貴重なシーンと思っています。

投稿: イノウエ | 2011年7月13日 (水) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/52169153

この記事へのトラックバック一覧です: 街角の車 : オースティン ヒーレー スプライト:

« ハローキティ オープンバス | トップページ | 街角の車 : ユーノス ロードスター »