« 街角の車:スバル レオーネ | トップページ | 街角の車 : ホンダ ビート »

2012年2月27日 (月)

街角の車 : ホンダ Z

ホンダ Z
1970年。中学一年の秋、通学路脇の駐車場に忽然と現れた一台の「水中メガネ」。
学校に到着すると「車好き」な仲間内で「水中メガネの「軽」見た?」と話題となったことを記憶している。

Img_5018    

           

        

      

   

 
翌71年、ミニカ・スキッパー、フェローMAXハードトップ、フロンテクーペと登場。
私はフロンテクーペ派でした。 

|

« 街角の車:スバル レオーネ | トップページ | 街角の車 : ホンダ ビート »

コメント

ではではこちらも(笑)
http://987.blog.so-net.ne.jp/2007-12-16
伝兵衛さんには幾つか資料を頂きました。

投稿: gop | 2012年2月27日 (月) 06時08分

兄がZ派だったので,初期の空冷と後期の水冷を経験しました.どちらもツインキャブ36馬力仕様です.

運転しては空冷のピーキーな感覚の方が面白かったです.

投稿: akira isida | 2012年2月27日 (月) 06時36分

gopさん

懐かしいコメント、読み返しました。

ジウジアーロじゃないお話は大内さんから伺いました。(大変なプロジェクトだったとのこと)
フロンテクーペのテクニカルイラストの担当は大内さんです。

投稿: イノウエ | 2012年2月27日 (月) 21時01分

isidaさん

両方に乗られたのですね。
違いがわかるので素晴らしいです。

空冷がピーキーとは存じませんでした。
ありがとうございます。

投稿: イノウエ | 2012年2月27日 (月) 21時03分

Zのデザイン担当された方、懇意にさせて頂いている某いすゞの方と同じ所にいらっしゃるそうです。私もZ派だったなぁ(笑)

投稿: gop | 2012年2月28日 (火) 05時44分

ホンダZのエクステリアは、菊池捷さんが担当されたことを、以前伝兵衛さんに教えて頂きました。
菊池捷さんを取材した記事は、確かノスヒロ誌に掲載されていたと思います。
私のブログでは、菊池さんが描かれたZのアイデアスケッチを公開していますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。
http://mizma-g.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/z-02b4.html

またZ繋がりで、日産のS30Zのエクステリアデザイン(ファイナル案)を担当されたデザイナーさんの手記(デザイン開発の経緯をまとめたもの)を拙ブログに掲載させて頂いていますので、こちらもご覧頂けましたら幸いです。
http://mizma-g.cocolog-nifty.com/blog/nissan_fairlady_zs30/index.html
通説を覆す驚きの内容は、Zファンならずとも国産旧車マニアなら必読と思います。(手前味噌ですみません…^^;)
 

投稿: みつま | 2012年2月28日 (火) 10時18分

gopさん

そのルートで色々と教えて頂いているのですよね。

Z派、多いんだなぁ・・・

投稿: イノウエ | 2012年2月29日 (水) 20時10分

みつまさま

いつも貴重なお話し、ありがとうございます。とても参考なりました。

今後とも宜しくお願い致します。

投稿: イノウエ | 2012年2月29日 (水) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/54081061

この記事へのトラックバック一覧です: 街角の車 : ホンダ Z:

« 街角の車:スバル レオーネ | トップページ | 街角の車 : ホンダ ビート »