« 街角の車 : BF型ファミリア | トップページ | 街角の車 : スカイラインGT-R VスペックII Nur »

2012年2月21日 (火)

街角の車 : プリンス スカイライン 2000GT-B

プリンス スカイライン GT
1964年、第2回日本グランプリに出場するためグロリアスーパー6のエンジンを搭載したホモロゲモデル「スカイラインGT」を100台製造・販売したのが始まり。
翌年、レース用と同じウエーバーキャブ3連装した「スカイライン2000GT」を発売。その後、廉価版も発売され2000GT-A(青バッジ)となり、前述のGTはGT-B(赤バッチ)と呼ばれた。
後にスカイラインGT-Rを「赤バッチ」、他のGTは「青バッチ」と区別されることになる。

Img_5043当時ナンバーの個体です。  

Img_5042丸テールはプリンス時代のスカイラインの仕様です。
日産との合併後のマイナーチャンジでGT系のみ丸テールとなりました。 

|

« 街角の車 : BF型ファミリア | トップページ | 街角の車 : スカイラインGT-R VスペックII Nur »

コメント

テールランプのことだけコメントします.

プリンス時代は1500も丸テールでGTにも踏襲されました.日産に合併後のマイナーチェンジで1500デラックス系は横長のテールランプに変更されて,GT系だけ丸テールが残ったみたいです.

投稿: akira isida | 2012年2月21日 (火) 21時45分

isidaさん

プリンス時代のテールの情報、ありがとうございます。
早速、訂正致しました。

投稿: イノウエ | 2012年2月21日 (火) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/54025251

この記事へのトラックバック一覧です: 街角の車 : プリンス スカイライン 2000GT-B:

« 街角の車 : BF型ファミリア | トップページ | 街角の車 : スカイラインGT-R VスペックII Nur »