« 街角の車 : フィアット 126P | トップページ | 街角の車 : BF型ファミリア »

2012年2月19日 (日)

マツダ CX-5 試乗

フルスカイアクティブCX-5の市販が始まりました。

CX-5のベースとなったデザインはコンセプトカー「勢(MINAGI)」。中山雅チーフデザイナーが担当、魂動というデザインテーマに沿って「カッイイ、美しいSUVを造りたかった」そうです。
陸上競技の「イチについて」「ヨウイ」「ドン」の「ド」の瞬間をデザインし、モチーフとなったのはチータとのこと。四つのタイヤを手足とし動物がもっているダイナニズムを表現しているそうです。

少しの時間ガソリン仕様に試乗しました。感想は、「違和感無く、思いのまま自然に走る」。これって凄いことだと思います。スカイアクティブの6AT、ボディ、シャーシーなどの実力と思います。
この次の試乗では、ディーゼル仕様をいつもの試乗コースで実力を確かめたいと思います。

タイヤは、ブルーアースの技術を取り入れた横浜ゴムの新製品「ジオランダーSUV」が装着されています。

安全面では、時速15km/h以下ならば自動で停止する制御やAT誤発進を抑制する制御が新たに加わっています。

Img_5542チータがモチーフとなっています。 

Img_5562シンプルなデザインの室内です。  

Img_5564運転席から斜め後ろの視界です。  

Img_5545分割可倒式のリアシートでフラットとなるラゲッジスペースです。 

Img_55504-2-1の排気システムです。

|

« 街角の車 : フィアット 126P | トップページ | 街角の車 : BF型ファミリア »

コメント

CX-5ディーゼルの走りがとても気になります.

ガソリンエンジンのトルク 195Nm/4000rpmに対して,ディーゼル420Nm/2000rpmだから走りは相当違うはず.質量はガソリン車の+50kgで1.5tクラスに収まっていますしね.

ディーゼルの価格設定も戦略的ですね.

投稿: akira isida | 2012年2月19日 (日) 06時55分

isidaさん

試乗したのはガソリンです。
ディーゼルの試乗は来月なんです、420Nm/2000rpmが楽しみです。

NC2ロードスターから変わり始め、プレマシーで見えてきた新しいハンドリングがさらに進化してるように感じました。

スカイDの開発で外付けの排外装置が不要というのが軽量化、低価格化に寄与していると思います。

為替は、ドル77円、ユーロ100円の設定のようですね。

投稿: イノウエ | 2012年2月19日 (日) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/54018606

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ CX-5 試乗:

« 街角の車 : フィアット 126P | トップページ | 街角の車 : BF型ファミリア »