« リアエンジンバス「ふじ号」 | トップページ | 盗難予防 »

2017年7月30日 (日)

本当の鈴鹿八耐・・

鈴鹿八耐、日本メーカーの威信を賭けた戦いが注目を浴びています。
鈴鹿八耐はFIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦、耐久チャンピオンが誕生するのです。
最終戦・鈴鹿を前にランキング・トップがスズキ(SUZUKI ENDURANCE RACING TEAM)、1ポイント差でヤマハ(GMT94 YAMAHA)が続いていました。
上位でフィニッシュラインを踏んだチームが耐久チャンピオン。結果はヤマハが11位、スズキが18位というリザルト。ヤマハチーム、耐久チャンピオン獲得おめでとうございます。
EWCは24時間を2レース、8時間を3レースを戦います。
・ボルドール24時間
・ルマン24時間
・オッシャースレーベン8時間
・スロバキア8間耐
・鈴鹿8時間

|

« リアエンジンバス「ふじ号」 | トップページ | 盗難予防 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当の鈴鹿八耐・・:

« リアエンジンバス「ふじ号」 | トップページ | 盗難予防 »